杏、4年ぶり連ドラ主演!東村アキコの新作「偽装不倫」を「全力でやってみたい」

女優の杏が、「東京タラレバ娘」「海月姫」などで知られる東村アキコの新作漫画「偽装不倫」の連続ドラマ化で4年ぶりに主演を務めることが明らかになった。

最新ニュース スクープ
7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
  • 7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
  • 7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
  • 7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
  • 東村アキコ
  • 東村アキコ「偽装不倫」(YLAB JAPAN)
  • 東村アキコ「偽装不倫」(YLAB JAPAN)文藝春秋よりコミックス1、2巻発売中 第3巻、4月25日(木)発売予定
  • 東村アキコ「偽装不倫」 電子コミックサービス「LINEマンガ」にて連載中(毎週土曜日更新) 
女優の杏が、「東京タラレバ娘」「海月姫」などで知られる東村アキコの新作漫画「偽装不倫」の連続ドラマ化で4年ぶりに主演を務めることが明らかになった。

主人公は、32歳、独身の派遣社員・濱 鐘子。両親と姉夫婦が住む二世帯住宅に同居する「パラサイトシングル」。恋愛には不器用で、いつも「思い込みの激しい重めの女」と思われてしまうため、恋愛らしい恋愛をしたことがない。それでも幸せな結婚を夢見て2年間婚活に励んできたが一向に成果が出ず、自分は「絶望的に男にモテない」ことに気づいてしまった。

最近ではひとり焼肉、ひとりカラオケと、「おひとり様」ライフが板についてきた。唯一の趣味は旅行。ある日、1年間の派遣契約を終え、ひとりで「婚活サヨナラパーティー」をするために向かった旅行の機内で、年下のイケメンと出会い、なぜか咄嗟に「既婚」だと嘘をついてしまう。そんな自分を「痛い」「寒い」女だとわかりつつも、嘘をつくことで、ずっとがんじがらめだった心が解放されていくのを感じる鐘子。そして、彼と過ごすうち、初めて恋の楽しさを知っていく――。

「海月姫」「主に泣いてます」など数々のヒットを連発し、「東京タラレバ娘」ではアラサー女性を共感の嵐に巻き込んだ東村さんの新作漫画を早くもドラマ化。幸せになりたい! と願いながらも、不器用にもがき続ける主人公の姿が心を打つ、ハラハラドキドキのラブストーリーとなっている。

東村アキコ「偽装不倫」(YLAB JAPAN)文藝春秋よりコミックス1、2巻発売中 第3巻、4月25日(木)発売予定
連続ドラマ出演は4年ぶりとなる鐘子役の杏さんは、「色々と迷う部分もありましたが、その中で大好きな東村アキコ先生原作の『偽装不倫』を出してもらい、これを全力でやってみたいという思いがふつふつと湧いてきました」と告白。「東村さんの作品はほとんど全部読んでいて、実写化のニュースを耳にするたびに、私も演じたかったなと思ってきたので、今回出演が決まって、とても嬉しく思っています。原作者の東村さんにも、原作ファンの方にも楽しんでいただけるドラマにしたいです」と意気込みをコメント。

7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
さらに、「不倫モノは、私はなかなか共感できない」という杏さん。「この話は、実は不倫ではありません。タイトルにはドキっとさせられますが、フタを開けてみると、主人公を応援したくなる、もどかしいラブストーリーだったりします。主人公とミステリアスな青年が出会い、この先、どうなるんだろうと、毎話待ちきれない、いままでになかった作品になると思います」と、自身でも楽しみにしている様子だ。

また、原作の東村さんは、「新しいチャレンジで始めたこの連載がこんなに早くドラマ化されるとは、本当に嬉しい」と言い、「しかも主人公の鐘子役を私の大好きな杏ちゃんがやってくれると聞いてびっくりしました。鐘子のイメージにぴったりです! 」と太鼓判。

東村アキコ
なお、プロデューサーを務めるのは、東村さん原作の「東京タラレバ娘」と杏さんが2015年に主演した「花咲舞が黙ってない」を担当した加藤正俊氏。「私が手がけた大好きなドラマのお2人の融合が実現しました。きっと、爆発的な化学反応を起こして、面白いドラマになると確信しています」と、大きな期待を寄せている。

7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
新水曜ドラマ「偽装不倫」は7月期、日本テレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top