少年たちに迫りくる魔の手…80年代映画のオマージュ満載『サマー・オブ・84』予告

1980年代ホラーのスタイルと精神をいまに甦らせた思春期映画『サマー・オブ・84』の予告編と場面写真が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『サマー・オブ・84』 2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
  • 『サマー・オブ・84』 2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
  • 『サマー・オブ・84』 2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
  • 『サマー・オブ・84』 2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
  • 『サマー・オブ・84』 2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
  • 『サマー・オブ・84』2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC
『ターボキッド』で高い評価を得たカナダの映像制作ユニット“RKSS”最新作であり、1980年代ホラーのスタイルと精神をいまに甦らせた思春期映画『サマー・オブ・84』の予告編と場面写真が解禁となった。

>>『サマー・オブ・84』あらすじ&キャストはこちら

本作は、10代の若者たちを主人公にしたジュブナイル映画の黄金期であり、スラッシャー映画と呼ばれるホラー&スリラーが量産された時代でもあった1980年代のアメリカへのオマージュを捧げた、ジュブナイル&スラッシャー映画。

監督は、フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルから成るカナダの映像制作ユニット“RKSS”。製作は、『ルイの9番目の人生』『シンクロナイズドモンスター』のショーン・ウィリアムソンが務めた。


今回解禁となった予告では、オタク、メガネ、デブ、不良の仲良し4人組が連続殺人事件の犯人捜しに挑む様子が映し出されている。

主人公デイビーは隣に住む警察官のマッキーが怪しいと、親友のイーツ、ウッディ、ファラディと極秘捜査に乗り出すも、周囲には呆れられ相手にされない。それでも諦めず徐々に事件の真相へと迫っていく。


正義のヒーローにでもなったつもりで生き生きと捜査する少年たちの様子は、ラスト30秒で一変。ついに犯人の魔の手がデイビーたちに襲い掛かり、鬼気迫る4人の表情と不気味なBGMが恐怖を加速させる。真犯人の正体は? デイビーたちは生き残ることができるのか? 結末が気になる予告映像となっている。


仲間たちの友情、恋、家庭環境などを子ども目線で細やかに描きながらも、クライマックスで驚くべき急展開を迎え、しばし言葉を失うほどの容赦ない残酷なエンディングが待ち受けている本作。トラウマ級の衝撃を受ける心の準備ができたら、4人の運命をその目でしっかり見届けて。


『サマー・オブ・84』は8月3日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top