横浜流星&飯豊まりえ、切ない表情のワケとは…『いなくなれ、群青』場面写真

『いなくなれ、群青』から、主演・横浜流星と共演の飯豊まりえの場面写真とコメントが到着した。

映画 邦画ニュース
『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』 (C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
シリーズ累計80万部の青春ミステリー小説の映画化『いなくなれ、群青』から、主演・横浜流星と共演の飯豊まりえの場面写真とコメントが到着した。

>>『いなくなれ、群青』あらすじ&キャストはこちらから

到着した場面写真では、意味ありげな切ない表情で佇む七草(横浜さん)と真辺由宇(飯豊さん)の2人の姿が。さらに遠くを見つめる七草と真辺由宇、それぞれを写す写真も到着した。

今回、ミステリアスな雰囲気の七草役で主演した横浜さんは「世界観が幻想的で素敵で、ミステリーだけどファンタジー要素も含まれているところに惹き込まれました。何より10代に感じる繊細な心情や言葉や表現に魅了され、2人の恋よりも純粋な関係に温かく愛おしい気持ちになれる作品です」と本作の魅力について明かす。

また、演じるキャラクターについては「七草は、真辺との再会をきっかけに島の謎や事件に関わっていくことになります。その中で色々な感情に駆られますが、感情を表に出さない少年です」と言い、「七草と真辺の空気感を大切に、七草の繊細さを丁寧に演じました」とコメントしている。

『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
そして、誰よりも真っ直ぐで正しく、凜々しい少女・真辺由宇を演じた飯豊さんは「わたしが演じさせていただいた真辺由宇は、階段島という異質な閉鎖的空間の中で、唯一、島から出ることに立ち向かおうとする理想を強く持ち、自分の気持ちに正直で素直な女の子です」とキャラクターを説明。

『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
また監督の柳明菜は「七草を演じる横浜流星さん、真辺を演じる飯豊まりえさん、お二人の空気感とエネルギーに加え、熱量の高い役者陣によって、純度の高い作品に仕上がったと感じています」と完成度に自信をを見せている。

『いなくなれ、群青』は9月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top