第72回カンヌ国際映画祭のポスターが公開に!故アニエス・ヴァルダ監督を追悼

5月14日から25日まで開催される第72回カンヌ国際映画祭のポスターが公開された。

最新ニュース ゴシップ
第71回カンヌ国際映画祭 (C) Getty Images
  • 第71回カンヌ国際映画祭 (C) Getty Images
  • アニエス・ヴァルダ監督 (C) Getty Images
  • アニエス・ヴァルダ監督 (C) Getty Images
  • 第71回カンヌ国際映画祭 (C) Getty Images
5月14日から25日まで開催される第72回カンヌ国際映画祭のポスターが公開された。今年のポスターのビジュアルに起用されたのは、3月に亡くなった(享年90)「ヌーヴェル・ヴァーグの祖母」ことアニエス・ヴァルダ監督。デビュー作の『ラ・ポワント・クールト』を撮影している当時26歳のヴァルダ監督の写真なのだが、その撮影方法に度肝を抜かれる。ある男性の背中を台にしてその上に立ち、カメラをのぞき込んでいるのだ。


「The Hollywood Reporter」によると、映画祭の主催者が、「この写真は、アニエス・ヴァルダという人物の情熱、冷静さ、無鉄砲さを総括していると言えるでしょう。彼女は自由なアーティストとしての材料を持ち、常に“レシピ”に改善を加えている人でした」と語っているという。

ヴァルダ監督作はオフィシャル・セレクションに13回出品され、ヴァルダ監督は2005年、2013年と審査員も務めた。2015年には女性として初めて名誉パルムドール賞に輝くという快挙も遂げ、カンヌ国際映画祭とのかかわりが強かった。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top