伝説のコンビの鉄板ネタを完全再現!『僕たちのラストステージ』本編映像

ジョン・C・ライリーとスティーヴ・クーガンが、伝説のお笑いコンビを演じた『僕たちのラストステージ』から、彼らの“鉄板ネタ”を完全再現した本編映像がシネマカフェに到着。

映画
『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
  • 『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
ゴールデン・グローブ賞にジョン・C・ライリー、英国アカデミー(BAFTA)賞にスティーヴ・クーガンと、伝説のお笑いコンビを演じた主演2人がそれぞれ主演男優賞にノミネートされた映画『僕たちのラストステージ』(原題:Stan&Ollie)が、いよいよ4月19日(金)より日本公開。この度、彼らの“鉄板ネタ”を満席の客席を前に完全再現した本編映像がシネマカフェに到着した。

>>『僕たちのラストステージ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ハリウッドでサイレントからトーキー期に活躍した伝説のコンビ、ローレル&ハーディの晩年の実話を描いたヒューマンコメディ。『フィルス』で数々の賞を受賞したジョン・S・ベアードがメガホンをとり、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では英米公開後に94%フレッシュ(1月18日現在)という高評価を記録。共に人生を歩んできたコンビが人生の晩年に差しかかり、改めて友情、舞台の大切さに気づいていく。そんな人生の可笑しみと哀しさ、素晴らしさをユーモラスに描いた。

『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
今回解禁となった本編映像は、再起をかけたイギリスでのホールツアーで人気を取り戻し、ついに名門ロンドン・ライセウム劇場で初日を迎えたローレル&ハーディが、満員の客席を前に彼らの代表作のひとつである「Blue Ridge Mountains Of Virginia」を披露するシーン。

『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
冒頭から「ヴァージニアの青い山脈~」と心地よいハーモニーでしっとりと歌いあげる2人に観客の視線は釘づけ。目立ちたがり屋のオリバー・ハーディ(ジョン・C・ライリー)は、歌詞の最後にこぶしを入れ、ひとりだけアドリブ全開で観客の笑いを誘い、絶好調。このままオリバーだけ美味しい思いをして歌い終えるのかと思いきや、デュエットが2周目に入った途端、彼を不機嫌そうに見つめていたスタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)が、突然メインパートを低音の野太い声で歌い出し、場内は笑いの渦に。

調子に乗り、気持ちよく歌い続けるスタンに怒ったオリバーは、セットの後ろから木のハンマーを取りだし、スタンの頭にポンッ! と渾身の一撃。叩かれた衝撃でスタンの歌声は男性のバスパートから女性のソプラノに大幅にキーチェンジ! 何事もなかったかのように好調に歌い続けるスタンだったが、最後はフラフラと目を回しながらバタン! その様子をみたオリバーは「やってやった」と言わんばかりのしたり顔。この絶妙なやり取りに客席からは大きな笑いと割れんばかりの拍手が巻き起こる。


本作では、ローレル&ハーディのツアーを忠実に再現するため、実際に劇場に観客を入れ公演を行いながら撮影が行われたという。実際のローレル&ハーディもオリバーは歌が上手く、スタンは下手だったと言われており(わざと下手に演じたという説もあり)、コンビの細かな特徴までも捉え演じきったクーガンとライリーの再現度の高さには脱帽。実物の2人と見間違うほどの名演を観たエキストラからは自然と笑いが起こった、というエピソードもある。

ふくよかなオリバーを見事に演じ、『シカゴ』でみせた抜群の歌唱力を本作でも披露しているライリーは「撮影されているということは、我々の映画作りに対するプレッシャーだけではなく、観客として我々を見ている人々にとってもプレッシャーとなる。我々の思いを観客たちのために伝える必要があるんだ。それは、まるで戦場でお互いに忠誠心を確認するようなものだった。そんな場面を一緒に乗り越えてきたからこそ、スティーヴのことが大好きになったし、これからも親友でいられると思うね」と語り、撮影をふり返っている。

『僕たちのラストステージ』 (C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
再起をかけたイギリスツアーでの地道な宣伝活動によりファンを取り戻し、ついに名門ロンドン・ライセウム劇場での2週間公演を決めたローレル&ハーディ。このままツアーは無事に終わるのかと思われたが…。この後の2人の関係性&パフォーマンスも気になる注目のシーンを、ぜひチェックしてみて。

『僕たちのラストステージ』は4月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top