今度はタブーを破る暴走科学者に!キアヌ・リーブスは40代後半からがめっぽう面白い

キレッキレのアクションと匂い立つ男の色香で全世界を魅了するハリウッドきっての大物独身俳優キアヌ・リーブス。実力派俳優キアヌ・リーブスを丸ごとふり返ってみよう。

最新ニュース コラム
キアヌ・リーヴス-(C)Getty Images
  • キアヌ・リーヴス-(C)Getty Images
  • キアヌ・リーブス-(C)Getty Images
  • キアヌ・リーブス/『ジョン・ウィック』ジャパンプレミア
  • 『イルマーレ』キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック来日記者会見
  • 『ジョン・ウィック:パラベラム』 (R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ノック・ノック』 (C) 2014 Camp Grey Productions LLC
  • 『レプリカズ』 配給:ショウゲート (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
  • 『レプリカズ』 配給:ショウゲート (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
御年54歳という年齢を感じさせず、いまなおキレッキレのアクションと匂い立つ男の色香で全世界を魅了するハリウッドきっての大物独身俳優キアヌ・リーブス。

『マトリックス』シリーズほか数々のヒット作を持つキアヌだが、2012年にはドキュメンタリー『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』を自ら企画製作してナレーションも務めるなど、出演だけでなく製作側にも名乗りを上げている。そんな彼の40代後半からの出演作品がめっぽう面白い!ということで、今回は実力派俳優キアヌ・リーブスを丸ごとふり返ってみよう。

キアヌとはハワイ語で「山からの涼しい風」


ハワイ出身アメリカ人の父親とイングランド人の母親の血を引き、レバノン生まれ・カナダ育ちのキアヌ。数度にわたる母親の離婚でたびたび転居することがあった彼は、転校を繰り返し、高校時代にはやんちゃすぎて退学になったことも。残念ながらヒザの負傷により断念してしまったが、学生時代はアイス・ホッケーでオリンピック出場を夢見ていたこともあったという。

キアヌ・リーブス (C) Getty Images
キアヌの趣味はオートバイ。ハーレー・ダビッドソン含め複数台所有し、レースにも出場するという筋金入りのバイカーだ。現在モーターサイクル・カンパニーを共同経営している。

また親日家として知られる彼はラーメンが大好きで、来日の際に必ずと言っていいほど食べるとか。このほかにも俳優・北野武と共演した映画『JM』(1995年)では「洗濯を頼みたい! 帝国ホテルでしてくれるような~そう東京の…」とアドリブを入れるくらい日本の帝国ホテルを愛しているという。

キアヌとはハワイ語で「山からの涼しい風」という意味。気取らず親しみやすく、自由な彼にぴったりの名前ではないだろうか。

サンドラ・ブロック共演『スピード』でブレイク


幼い頃よりアクション映画を観て育ち、サニー・チバ(千葉真一)に憧れたというキアヌは、幼少期には子役として活躍。9歳の時にブロードウェイミュージカル「くたばれ!ヤンキース」で舞台に立ち、青春映画『栄光のエンブレム』(1986年)、ヒューマンドラマ『リバース・エッジ』(1986年)に出演した後、SFコメディ『ビルとテッドの大冒険』(1989年)で主役を演じて注目を集める。

この頃から精悍さと甘さを併せ持つ美少年ぶりは際立っていたが、リバー・フェニックスと共演した『マイ・プライベート・アイダホ』(1991年)では男娼に扮して話題に。そしてサンドラ・ブロックと共演したノンストップ・アクション『スピード』で、爆弾を積んだバスの乗客を救うSWAT隊員を演じて大ブレイク!

出世作はご存知『マトリックス』シリーズ。独特の世界観や最新SFXによる“映像革命”で世界を熱狂の渦に巻き込み、SF映画を新たなるフェーズに押し上げたこの3部作で主人公・ネオを演じたキアヌは、カンフーアクションも披露して一躍スターダムにのし上がる。

『イルマーレ』キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック来日記者会見『イルマーレ』キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック来日記者会見
かと思えばシャーリーズ・セロンと共演したラブストーリー『スウィート・ノベンバー』(2001年)の“11月の恋人”役や、ラブコメディ『恋愛適齢期』(2003年)でのヒロインの年下の恋人役で世の女性たちをキュンキュンさせることも。

アクション・恋愛どちらのジャンルでもリストアップ可能な、“甘辛ミックス俳優”としてハリウッドで不動の人気を確立している。

自由で、気前が良くて、庶民派で、親切!こんなハリウッドスター、なかなかいない!?


キアヌの人気の秘密を伝えるには、その独特な私生活についても語らねばなるまい。

長期オフ時の「激太り報道」や、1人で淋しげにぼんやりしている「“ぼっち”写真(※この姿はフィギュアにもなっている)」は、もうお約束になりつつある。また髪の毛がボサボサすぎるオフショットや、ガムテープぐるぐる巻きの破けた靴を履いている姿がパパラッチされたことも…。身なりに関してはかなり無頓着だと言っていいだろう。

キアヌ・リーブス/『ジョン・ウィック』ジャパンプレミア
また常々お金に執着はないと語っているキアヌ。ギャラの大半を病院や慈善団体に寄付したことでも知られるが、過去には厳しい予算の中オファーしたい大物俳優のギャラを捻出するため、自分のギャラを削らせた逸話が2作品で報告されている。このほか映画スタッフに朝食を差し入れ&お金を貸したり、『マトリックス リローデッド』(2003年)ではお世話になったスタントマン全員にハーレー・ダビッドソンをプレゼントしたりする気前の良さも!

加えて庶民派として知られるキアヌは、ごくごく普通に地下鉄を利用する。電車に揺られながら新聞を読む姿が目撃されているが、ある時は大きなカバンを持った女性に彼が席を譲る動画が投稿されるなど、その良い人っぷりは周知の事実となっている。

俳優だけでなく製作・監督も!キアヌは40代後半からが面白い


40代後半に入ってからは出演のみならず製作にも乗り出し、カンフーアクション『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』(2013年)では念願だった監督業にも挑戦したキアヌ。

『ジョン・ウィック:パラベラム』 (R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.2019年公開シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』
刮目すべきはガンフーアクション『ジョン・ウィック』シリーズだろう。本シリーズで“怒らせたら怖い・元殺し屋”を演じたキアヌは、耽美なまでにスタイリッシュかつノンストップという新たなヒーロー像を打ち立てて華麗なる完全復活を果たしている。

また小品ながら新境地となったのはサイコスリラー『ノック・ノック』(2015年)。演じたのは若い女性2人の誘惑に負ける中年男役で、バスルームでの濡れ場や助けを求めて懇願する姿など、これまで観たことのないキアヌを堪能できる。

『ノック・ノック』 (C) 2014 Camp Grey Productions LLC『ノック・ノック』
このほかにもラブストーリー『おとなの恋は、まわり道』(2018年)で演じた、風変りな偏屈男も見逃せない。お相手役はフランシス・フォード・コッポラ監督作『ドラキュラ』(1992年)で初共演して以来、4度目のタッグとなったウィノナ・ライダー。酸いも甘いも経験してきた大人だからこその恋愛模様を、キアヌ&ウィノナの芸巧者がユーモアたっぷりに体現している。

『おとなの恋は、まわり道』『おとなの恋は、まわり道』

最新出演映画『レプリカズ』で暴走科学者に!


そんなキアヌが製作総指揮に名を連ねる最新出演映画『レプリカズ』(5月17日公開)。愛する家族を甦らせるため、禁断の領域に踏み込んでいく科学者の運命をスリリングに描いたSFアクションだ。

『レプリカズ』 配給:ショウゲート (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
医療開発企業で研究にいそしむ神経科学者ウィリアム(キアヌ)は、妻と3人の子どもを連れてバカンスに出かけるも、不慮の事故で家族を亡くしてしまう。悲嘆にくれた彼は、最先端技術を使って家族をクローンとして甦らせるが…。

『レプリカズ』 配給:ショウゲート (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
決して絵空事ではない現代科学の進歩を背景に、神の領域に人間が踏み込む危険性に警鐘を鳴らした本作。その一方で「もし愛する者を生き返らせる術があったとしたら、それを行使せずにいられるか?」と、善悪だけで割り切れない複雑な人間心理に揺さぶりをかける問題作だ。キアヌが扮した、倫理も道徳もぶっとばす暴走科学者も必見! その行き着く先を見届けて欲しい。

『レプリカズ』 配給:ショウゲート (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
この秋には待望のシリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』も公開される。まだまだ進化するキアヌ・リーブスから目が離せない!(text:足立美由紀)
《text:Miyuki Adachi》

特集

関連記事

特集

page top