ルーカス・ヘッジズ、ジュリア・ロバーツは「雲の上の存在の人」オファーをふり返る

ジュリア・ロバーツ主演『ベン・イズ・バック』の特別映像がいち早くシネマカフェに到着した。

映画
『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』 (C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • 『ベン・イズ・バック』 (C)2018- BBP WEST BIB, LLC
  • ルーカス・ヘッジズ-(C)Getty Images
ジュリア・ロバーツ主演、第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した『ベン・イズ・バック』から、共演のルーカス・ヘッジズとキャスリン・ニュートンがジュリアとの初共演をふり返る特別映像がいち早くシネマカフェに到着した。

>>『ベン・イズ・バック』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ドラッグ依存症の療養施設から帰ってきた息子のベンと、息子を信じ続ける母・ホリーの愛情、そしてベンの帰宅によって思わぬ試練が降りかかる家族の絆を、サスペンスフルに描いたヒューマンドラマ。

母親ホリーをジュリアが演じ、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカスが息子ベン、『名探偵ピカチュウ』のヒロイン役でも話題のキャスリンが娘・アイヴィーとして出演している。

『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
今回到着した映像では、『プリティ・ウーマン』『食べて、祈って、恋をして』などに出演、『エリン・ブロコビッチ』では第73回アカデミー賞(R)主演女優賞受賞と輝かしいキャリアを持つ大女優ジュリアとの初共演を、ルーカスとキャスリンがふり返っている。

『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
ジュリアの直接指名により、不幸にもドラッグ依存症に陥った息子・ベンとして出演することが決定したルーカスは「ジュリアにベン役を頼まれた時、面識もなかったので大変驚きました。雲の上の存在の人なので彼女からオファーがあって本当に驚いたよ。心が温かくて謙虚な方で、憧れの人だ」と驚きと興奮を隠せなかった様子。

『ベン・イズ・バック』(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
一方、ベンの妹を演じたキャスリンは「ジュリアが大好きよ。お互いが自然体でいられてとても優しいの。愛情深い人よ。本当の家族みたいなの。これは特別」とジュリアの人柄に魅せられたと明かしている。


また準備期間中には、ピーター・ヘッジズ監督と共にジュリアの自宅に集まり、親交を深めてから撮影へと臨んだそう。『ワンダー 君は太陽』ではハンディキャップを背負う息子を支える優しい母を熱演し、今作では“キャリアの頂点”と称される演技を見せているジュリア。彼女と彼女に魅せられた若手俳優2人が紡いだ家族の絆に注目だ。

『ベン・イズ・バック』 (C)2018- BBP WEST BIB, LLC
『ベン・イズ・バック』は5月24日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top