キーラ・ナイトレイ、古き良き華やかなパリのファッションアイコン!『コレット』衣装に注目

キーラ・ナイトレイ主演最新作『コレット』から、20世紀初頭、ベル・エポック(古き良き時代)のパリのファッションアイコンとなったコレットの華麗なる衣装に注目した。

映画
『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
  • 『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
キーラ・ナイトレイ主演最新作『コレット』が、5月17日(金)より全国公開。20世紀初頭、芸術が栄えたベル・エポック(古き良き時代)のパリを舞台に描かれる本作は、衣装の再現にもこだわりが随所に。キーラが見事に着こなす、当時のファッションアイコン・コレットの華麗なる衣装に注目した。

>>『コレット』あらすじ&キャストはこちらから

20世紀初めのファッションアイコン!華やかなコレットの衣装に注目


『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
キーラが本作で演じたのは、昨今の#MeToo運動をはじめ、女性の自立や自由が叫ばれる現代において先駆け的存在ともいえるコレット。男性優位の時代に、慣習やジェンダーにとらわれることなく、あらゆる分野で才能を開花させた。その著書「クロディーヌ」シリーズはフランス中で大ブームを巻き起こし、世の女性たちを虜に。文学界のみならず、20世紀初頭“ベル・エポック“のファッションにも大きな影響を与えたといわれるコレットの衣装も本作の見どころの一つ。

『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
ファッションアイコンでもある彼女の物語を描くにあたり、全部で50着の衣装が映画のためだけに作られた。また性別や常識にとらわれることなく自由に自身を表現していた彼女は、法律で女子のズボン着用が禁止されていた時代にも堂々と男装をし、世間を驚かせると同時に、ファッショニスタとしての確固たる地位を確立した。

『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
そのスタイルには、映画衣装も務めるスタイリストの北村道子さんも「ズボン着用が処罰された時代に彼女は男装していた。その勇気と洋服のセンスが素晴らしい」とコメントを寄せており、彼女の人生を反映したファッションに絶賛を贈っている。

田舎に暮らす少女時代からモダンなパリジェンヌへ


『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
本作で衣装デザインを務めたアンドレア・フレッシュは時代の移り変わりを通した展開にもこだわっており、「コレットの衣装には、きれいで、シンプル、そしてモダンなスタイルで作ったわ。田舎の少女時代は、明るい黄色やグレーの色で軽い生地を使用して、モダンなパリの大人の女性になった時には、茶色や、黒白など暗い色の、重さのある生地の衣装を着るようになるの」。

『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
さらに、「彼女はジェンダーを気にかけない人だったので、レースやフリルは使用せず、メンズスーツを着用して現れた。彼女の中でゆっくりと形成された男性らしさにヒントを得て、きれいなスタイルを保ちたいと考えたの」と衣装のポイントを明かした。

また、コレットの生きたベル・エポック期のファッションについて徹底的に研究したうえで「私の全体的な目標は、コレットのパーソナリティの内に秘めた本質をみいだし、それを衣装で表現すること。つまり、慣習にとらわれず、限界などないということを知っている女性であることを衣装からも見せるのよ」と映画衣装を通じたコレット像について語っている。

『コレット』 (C)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
そんなこだわりの詰まったコレットファッションを、長身細身のモデル体型のキーラ・ナイトレイが劇中で見事に着こなしている。芯の強さが魅力的なコレットのまっすぐな生き方と合わせ、思わずうっとりとしてしまう華やかな衣装も見逃せない。

『コレット』は5月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top