『マイティ・ソー』出演俳優アイザック・カッピー(42)が飛び降り自殺

『ターミネーター4』、『マイティ・ソー』などに出演した俳優のアイザック・カッピーが自ら命を絶った。

最新ニュース ゴシップ
『マイティ・ソー』プレミア (C) Getty Images
  • 『マイティ・ソー』プレミア (C) Getty Images
『ターミネーター4』、『マイティ・ソー』などに出演した俳優のアイザック・カッピーが自ら命を絶った。「TMZ.com」によると、月曜日(現地時間)、アリゾナの橋から身を投げた後にトラックにひかれて亡くなったという。居合わせた人たちが必死にアイザックを止めようとしたが、最終的にアイザックは飛び降りてしまった。彼のほかにけがをした人はおらず、警察による調査はすでに「自殺」として終了しているとのこと。

『マイティ・ソー』では、まだ地球に慣れず“勝手”がわかっていないソー(クリス・ヘムズワース)が、「何か乗れるものをくれ」と乗り込んだペットショップの店員役だったアイザック。自死を選ぶ直前には、インスタグラムに遺書らしき長文レターを投稿。そこには「自分は良い人間であると信じていたが、実際はそうではなかった。人生を通して、自分は悪い人間であった」、「薬物を売ったし、滞納も借金もした。煙草、薬、酒で自分自身を痛めつけた。家族を含む、ぼくを愛してくれた人たちのことも傷つけた」という告白と懺悔が綴られていた。「ぼくが暴力を振るってしまった多くの人たちに、本当に、本当に申し訳ないと言いたい」とも。これは、2018年にパリス・ジャクソンの首を絞めた件についての謝罪とみられる。また、アイザックはスティーヴン・スピルバーグ監督やセス・グリーンを「小児性愛者」と言いがかりをつけた過去もある。

View this post on Instagram

Beware the man that has nothing to lose, for he has nothing to protect.

Isaac Kappyさん(@isaackappy)がシェアした投稿 -

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top