高杉真宙が高校生に! 吉岡里帆と共に事件に立ち向かう『見えない目撃者』

若手俳優・高杉真宙が『見えない目撃者』に出演することが決定。

映画 邦画ニュース
『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
  • 『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
  • 『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
  • 『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
  • 『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶 高杉真宙
若手俳優・高杉真宙が、吉岡里帆主演の究極のノンストップ・スリラー『見えない目撃者』に出演することが決定。猟奇殺人事件に立ち向かう高校生を演じる。

>>『見えない目撃者』あらすじ&キャストはこちらから

高杉さんは、『散歩する侵略者』で毎日映画コンクール新人賞を受賞したほか、『十二人の死にたい子どもたち』「賭ケグルイ」などに出演。また「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」「サギデカ」の放送を控えている。

本作で演じるのは、視力を失った主人公なつめ(吉岡さん)と共に事件に立ち向かう、事故現場で車に接触した“もう一人の目撃者”、スケボー少年の国崎春馬。初めは捜査に非協力的だったが、なつめの熱意に感化され、彼女のもう一つの目となり、事件に立ち向かっていくのだ。

『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶 高杉真宙
今回そんな人間的に成長する青年を、等身大の姿で静かに熱演する高杉さんは「今回は『スリラー』という、これまであまり経験したことのないジャンルに挑みました。この作品の中には得体の知れない緊張感がずっとあって、追い詰められている雰囲気を感じ取り、自分の中で“想像しながら演じること”を大切にしながら演技していかないとと必死でした」と撮影をふり返り、「スケボーも、クランクイン前から何度も特訓しました」とも語っており、劇中でのスケボーシーンに期待高まる。

また「吉岡さんは、役柄上ではサポートする役だったのですが、撮影時に『やりにくいところある?』と聞いていただくなど、助けていただきっぱなしでして本当に有り難かったです」と主演の吉岡さんとの共演を語り、「そのおかげで、追い込むところは追い込んで狂気的なカッコよさを纏う春馬に仕上がったかと思います」と手応えを感じている様子だ。

『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
一方、吉岡さんも「私自身、なつめとしてどんなに苦しくても、純粋で真っ直ぐな春馬の姿勢に勇気付けられ、闘い抜く力をいただいたように思います」と共演を明かし、「今作はサスペンススリラーとして、犯人を想像しながら演じていく事、犯罪に巻き込まれていく様のアクション、特殊技能など、技術的にも難しい要素が詰まっていましたが、高杉さんの真面目さや表現の細やかさには驚かされました。見てくださる皆様にはぜひそこにも注目していただきたいです!」とアピールしている。

出演決定と合わせて公開されたティザービジュアルでは、春馬の強さと覚悟が感じられるような仕上がりに。「事件を目撃した。ただ“真実”は見えていなかった。」と印象的なコピーも添えられている。

『見えない目撃者』(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
『見えない目撃者』は9月20日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top