ビヨンセ、『ライオン・キング』ナラ役で歌声披露!「地に足がついている女性」と監督

超実写版『ライオン・キング』は、あの世界的歌姫・ビヨンセが声優として参加することでも注目を集めている。

映画 洋画ニュース
『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ビヨンセ(C)Getty Images
  • ドナルド・グローヴァー-(C)Getty Images
  • ジョン・ファヴロー監督
  • 『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
世界中で愛されているディズニー・アニメーションを、アニメーションも、実写も超えた“超実写版”として実写化する『ライオン・キング』。本作は、あの世界的歌姫・ビヨンセが声優として参加することでも注目を集めている。

>>『ライオン・キング』あらすじ&キャストはこちらから

ビヨンセは、世界的なR&B音楽グループ「ディスティニーズ・チャイルド」のメンバーとしてデビュー、2003年にソロデビューを果たす。これまでに獲得したグラミー賞の数は23、ノミネートは66と女性アーティストとしてグラミー史上最多ノミネートとなる驚異的な記録を打ち立てており、全世界セールスはトータル1億枚以上、名実共に世界最高峰のシンガーソングライターであり、パフォーマーだ。

ビヨンセ-(C)Getty Images
また、彼女は音楽界だけでなく、映画界にも活躍の場を広げ、『ドリーム・ガールズ』('06)での演技はゴールデン・グローブ賞女優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされ、その後も『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』('08)などへ出演。

今年は、音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル2018」での歴史的パフォーマンスとその裏側、そこに込められたメッセージなどを収めた「HOMECOMING ビヨンセ・ライブ作品」がNetflixで配信され、話題を呼んだばかり。

ビヨンセ(C)Getty Images
そして本作で、ビヨンセはアニメーション版にも登場する主人公シンバの幼馴染ナラ役を演じている。シンバと共にプライドランドで育ったナラは、シンバ同様、好奇心旺盛なメスライオン。“シンバは死んだ”と聞いていたナラは、深く悲しんだが、やがて美しい姿に成長。危機に瀕している王国を救うべく、助けを求めて故郷を飛び出し、偶然シンバと再会。突如“悲劇”に見舞われ、プライド・ランドから姿を消したシンバに「あなたは王なのよ」「プライド・ランドを救えるのはあなただけ」と、シンバに助けを求める重要な役どころとなる。


何といっても、シンバとナラが再会を果たすシーンは、本作の見どころの1つとなるだろう。久々の再会を果たした2人が、お互いに心を通わせているように奏でられる楽曲「愛を感じて(Can You Feel The Love Tonight)」は、本作で最も感動を呼ぶシーンの1つだ。

数あるディズニー作品の中でも名シーンの1つとして挙げられる本シーンを彩るのが、シンバ役をつとめる同じくグラミー賞受賞のドナルド・グローヴァー(チャイルディッシュ・ガンビーノ名義)と、ナラ役のビヨンセ。

『アイアンマン』をはじめとする話題作を大ヒットに導いたヒットメーカーで、本作の監督ジョン・ファヴローは、ビヨンセについて「ステージ上の彼女の人物像は威厳に溢れたものですが、実際の彼女はとても地に足がついている女性なんだ」とコメント。

さらに「彼女の歌声や才能は、やっぱり評判通り見事でしたよ」と彼女の歌声はもちろんのこと、声の演技にも絶賛を贈っている。超実写版としてまるで目の前に広がるような美しく精巧な景色に、世界最高峰の歌姫ビヨンセの歌声が掛け合わされることで、どんなシーンへと仕上がるのか、期待せずにはいられない。

『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top