ジェイク・ギレンホール、『ブロークバック・マウンテン』以来13年ぶりのカウボーイ姿!

『ゴールデン・リバー』から、ジェイク・ギレンホールが『ブロークバック・マウンテン』以来13年ぶりにスクリーンで見せるカウボーイ姿をはじめ、未公開シーン写真およびメイキング写真7点がシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース
『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
  • 『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)、「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて4冠(監督賞・撮影賞・美術賞・音響賞)を受賞したジャック・オーディアール監督最新作『ゴールデン・リバー』。この度、カメレオン俳優として名高いジェイク・ギレンホールが『ブロークバック・マウンテン』以来13年ぶりにスクリーンで見せるカウボーイ姿をはじめ、未公開シーン写真およびメイキング写真計7点がシネマカフェに到着した。

>>『ゴールデン・リバー』あらすじ&キャストはこちらから

本作でジェイクが演じるのは、殺し屋兄弟(ジョン・C・ライリー&ホアキン・フェニックス)が確実に獲物を仕留めるために暗躍する“偵察係・モリス”。モリスは化学者ウォーム(リズ・アーメッド)を仕留めるための情報をこの兄弟に伝えるために彼に近づくが、ウォームの夢は「黄金を元手に貧富のない目指す理想の社会を作ること」だと知って、すっかり心酔。これまで誰も信じることができず心を閉ざして生きてきた彼が、化学者ウォームとの間に芽生えた初めての友情に生きる喜びを見出し、ともに殺し屋兄弟から逃げることになるという複雑な役どころだ。

『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.

19世紀の男を演じるために言語学者とリサーチ!


これまでに出演してきた代表作『ナイトクローラー』(2015)では視聴率のためには手段を選ばない報道パパラッチを、ボクシング映画でありつつ家族の愛を描いたヒューマンドラマ『サウスポー』(2016)では毎日2回、休みなく8か月間のトレーニンングを続け、スタントなしでボクシングシーンを演じるなど、“最強のカメレオン俳優”とも呼ばれているジェイク。

『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
今回の撮影に挑む際も、本作の時代(19世紀)に関する本を何冊も読み、「19世紀の東海岸の名門大学で学んだ人間は、一体どんな話し方をすると思う? どんな言葉遣いをすればいいんだ?」とオーディアール監督に質問、殺し屋でありながら偵察係でもあるモリスの経歴を表現し、その喋り方を研究するために1か月かけて言語学者と一緒にリサーチ、撮影が始まる前に自分のセリフに発音の注釈をつけて完璧に準備してきたことに、監督は「あとは衣装が必要なだけだった。全く驚いたよ」と、その徹底した彼の役作りを絶賛している。

『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
また、本作は、カウボーイ同士の恋愛を描いた名作としていまだ多くの人々の記憶に残る『ブロークバック・マウンテン』(2006)以来、ジェイクが約13年ぶりに西部劇に出演、カウボーイ姿をスクリーンで披露していることも要注目! この作品で彼を知った人も多い言わずと知れた大ヒット作であり、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた名作だが、本作ではウォームと出会ったことで初めて心を開き、純粋に彼の想いに心酔していく役どころに。まるでその様子は『ブロークバック・マウンテン』のカウボーイ姿を彷彿とさせ、初めての友人ウォームに対して危険を顧みず、純粋な想いを貫く姿は必見となるだろう。

『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
一方、『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』では新キャラクターのクエンティン・ベック/ミステリオ役を演じ、初の“マーベルファミリー”入りを果たすなど、ジェイクの快進撃は止まない。

『ゴールデン・リバー』は7月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top