シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』HPがパンク!「すごい熱量のある作品」

シム・ウンギョン、松坂桃李のW主演でおくる映画『新聞記者』公開記念舞台挨拶が6月29日(土)、新宿ピカデリーにて行われ、シムさん、松坂さんらが登壇した。

最新ニュース レポート
『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶
シム・ウンギョン、松坂桃李のW主演でおくる映画『新聞記者』公開記念舞台挨拶が6月29日(土)、新宿ピカデリーにて行われ、シム・ウンギョンさん、松坂さんらが登壇した。

HPがパンク!シム・ウンギョンさん&松坂さんが「ありがとう」


松坂さんは「登壇前に聞いたんですけど」と前置きし、「皆さんからの感想がすごく多くて、『新聞記者』のHPが、どうやら昨日パンクしたらしくて。それくらい熱量のある作品なんだなと改めて実感しています。皆さんの見てくださった感想が、この映画のすべてかなと思う」と、気持ちを込めた。隣に立つシム・ウンギョンさんも「サイトまでパンクになったのはすごいですね! ありがとうございます」とうれしそうに返し、満席の場内に向かい、ふたりでお辞儀をしていた。


『新聞記者』は、権力とメディアのいまを描くサスペンス・エンターテインメント。東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョンさん)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届き、真相を究明すべく調査を始める。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂さん)は、現政権に不都合なニュースのコントロールという業務に葛藤していた。ある日、杉原は尊敬する昔の上司・神崎(高橋和也)と再会するが、彼は数日後ビルの屋上から身を投げてしまう。皮肉なことに神崎の死が吉岡と杉原を結びつけることになる。


松坂さんのカードゲーム好きな一面が、また明かされる…


この日は、主演のふたり以外にも共演の本田翼、岡山天音、高橋和也、北村有起哉、そして藤井道人監督も顔をそろえた。エリート官僚の杉原を支える妻役となった本田さんは、松坂さんとは初共演。


松坂さんの印象について、本田さんは「静かな方です、とても。落ち着いていて、一緒にいる時間が長かったんですけど、しゃべらなくても居心地のいい雰囲気を持っている方」と表現すると、シム・ウンギョンさんも「私もそう思っています」と共感。松坂さんも「あまりしゃべりません(笑)」としていたが、途中、カードゲームが好きな一面を暴露されると「合っています…」と苦笑い。松坂さんと本田さんは撮影中、ゲームの話で盛り上がったようで、「夫婦間の仲は、それでできあがったようなものですね(笑)」と明るい空気にしていた。


「もし自分が新聞記者だったら」注目の見出しは?


舞台挨拶では「もし自分が新聞記者だったら、こんな記事を書きたい」という題目について、各人がオリジナル見出しとともにフリップに書いて発表することに。シム・ウンギョンさんが「お祝い! 公開! 新聞記者!!」と映画に沿った内容を掲げると、松坂さんは「出しにくい…」ともじもじ。


松坂さんのフリップには「テレビが…!?」と書かれており、その心を聞かれると、「テレビがうんともすんとも言わないんです。リモコンの電池を変えてもつかないし、(電池を)くるくるとやってもつかないし、主電源もつかないし、コンセントを抜き差ししてもつかないし…テレビがつかない状態で生活をしていて困ります…」と生活事情まで明かしていた。


『新聞記者』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top