SW国内最後の体験型ミュージアム開催! 実際に使用した衣装を展示

スター・ウォーズの世界観を体感できる世界巡回展「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」が、東京・天王洲の寺田倉庫G1-5Fにて8月8日(木)より開催決定。

最新ニュース スクープ
「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
  • 「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
  • 「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
  • 「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
  • 「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
  • 左)日本展アンバサダー市川紗椰さんによるシドニー展観覧動画(キャプチャー)、右)【1978年に東京・有楽町の日本劇場に登場した広告】元20世紀フォックス宣伝本部長、古澤利夫氏撮影
  • 左)【T-shirt STORMTROOPER】¥3,000(税抜)、中)【Catalog】¥2,500(税抜)、右)【Postcard Set】¥800(税抜)
  • 日本展アンバサダー市川紗椰さんによるシドニー展観覧動画(キャプチャー)
  • チケット情報「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
「スター・ウォーズ」の世界観を体感できる世界巡回展「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」が、東京・天王洲の寺田倉庫G1-5Fにて8月8日(木)より開催決定。

1978年の映画日本初公開から41年。12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語『スター・ウォーズ』がついに完結を迎える。

今回行われる展示では、映画で実際に俳優たちが着用した衣装や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、製作過程を辿れる貴重な展示品が約200点展示。これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵され、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となる。

「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
また、会場内に設置されたインタラクティブスペースで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができる来場者だけの体験も用意。そして、会場でしか手に入らないオリジナル・グッズも販売する。

「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」
本展のYouTubeチャンネル「STAR WARS Identities: The Exhibition」とSNSでは、日本展アンバサダーである市川紗椰が、先日開催されたシドニー展を観覧している様子を公開。展示風景やその魅力を覗くことができる。


なお、本展示会のチケットは現在、8月8日(木)~10月31日(木)入場分を販売中。11月以降の入場チケットは、開幕後に発売予定だ。

日本展アンバサダー市川紗椰さんによるシドニー展観覧動画(キャプチャー)
「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」は8月8日(木)~寺田倉庫G1-5Fにて開催。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top