『スパイダーマン』最新作、初日3日間で10億円超えのヒットスタート!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が6月28日(金)に日本で“世界最速”公開を迎え、週末3日間で興収10億円を超える大ヒットスタートを切ったことが分かった。

映画 洋画ニュース
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
トム・ホランド主演『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が6月28日(金)に日本で“世界最速”公開を迎え、土日と合わせた週末3日間で動員66万9,304人、興行収入10億994万9,700円を記録、興収10億円を超える大ヒットスタートを切ったことが分かった。

>>『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ&キャストはこちらから

7月2日の全米公開を前に、中国と並んで日本で世界最速公開となった本作。公開日の6月28日(金)は動員20万8,964人、興行収入3億1138万8,300円、29日(土)は動員23万4,929人、興行収入3億5834万8,900円、30日(日)は動員22万5,411人、興行収入3億4021万2,500円と好調をキープ。

土日2日間の興収対比においては、前作『スパイダーマン:ホームカミング』の156%、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の104%(『アベンジャーズ/エンドゲーム』の73%)となり、最終興収40億円超えが確実視されるヒットスタートとなった。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
6月28日(金)の日付が変わる瞬間には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』から連続鑑賞できる連続上映カウントダウンイベントが行われ、開催劇場は深夜にも関わらず多くのファンたちで賑わい、大興奮と熱狂の中で公開初日を迎えた。

オープニングの3日間はいち早く作品を鑑賞すべく、20代~30代を中心とした幅広い客層が劇場に集結し、早くもTwitterなどSNSには「最高すぎた!」「今までのスパイダーマン映画の中で最高!」「とにかく泣いた!」と大興奮のコメントが続々。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(C)2019 CTMG.   (C)&TM  2019 MARVEL.
「トム・ホランドをスパイダーマンに決めてくれた人達に9億点」といった声や、ミステリオ役のジェイク・ギレンホール、MJ役のゼンデイヤらキャスト陣にも絶賛の声が上がっている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top