中務裕太&小森隼が俳優デビュー! 兄弟役で出演『HiGH&LOW THE WORST』

「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマー、中務裕太と小森隼が『HiGH&LOW THE WORST』新キャストに決定した。

映画 邦画ニュース
『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
  • 『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
  • 『HiGH&LOW THE WORST』希望ヶ丘・幼馴染キャスト集合カット (C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
  • 『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
  • 『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店) / 「HiGH&LOW」製作委員会
秋公開の映画『HiGH&LOW THE WORST』の新キャストとして「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマー、中務裕太と小森隼の出演が決定。俳優デビューを果たす。

>>『HiGH&LOW THE WORST』あらすじ&キャストはこちらから

2人が演じるのは、“希望ヶ丘団地”と名付けられていたマンモス団地で育ち、絶大なパワーを持つ“兄弟”尾々地真也と尾々地正也。中務さんが真也、小森さんが正也を演じ、通称“オロチ兄弟”として参加する。なお、劇中では激しいアクションシーンにも初挑戦し、さらに鬼邪高校の絶対的番長・村山(山田裕貴)との共演シーンも多数あるという。

中務さんは「ずっとHIROさんに『HiGH&LOWに出たいです』と直談判していましたので、オファーを受けた時は夢が叶ったと、すごく喜んだのを覚えています。不安な気持ちよりワクワクの気持ちの方が大きかったです」と出演を熱望していたと明かし、「アクションは不良上がりの鳶職の役という事で、綺麗なアクションではなく出来るだけ泥臭くなるようにワザと荒くやってみたりしました。普段からアクロバットなど身体を使う事は得意なのですが、アクションはアクロバットとはまた違う感覚で練習から楽しんで取り組む事ができました」とアクションシーンについてコメントしている。

一方、「オファーを受けた時は正直何も考えられませんでした」と率直な感想を語った小森さん。「自分が役者として現場に行くこと、どの様な姿勢で取り組むべきなのか本当にイメージ出来ませんでした。ですが、新しく何かにチャレンジする時の根拠のない自信が湧いて来ましたし、それに比例するように不安があったのも事実です。今はお話を頂けて良かったと思ってます」とコメント。アクションについても「アクション練習はとても楽しかったです! なんせ身体を動かすことは慣れているので! 連日の演技練習で自分の中では答えを見つけられないモドカシイ気持ちの中でのアクション練習でしたので、体を動かすアクション練習は本当に楽しんでました。こうすればよりカッコよくアクションが見える! とか、こう動きたい! とか頭の中で答えを見つけられるのですが、アクションも自分の思うように動かない身体にとても悩みました」と語っている。

『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店) / 「HiGH&LOW」製作委員会
そして、オロチ兄弟と同じ団地で過ごした幼なじみとして、すでに発表されている花岡楓士雄(川村壱馬)に加えて、桐原誠司役を白洲迅、石井マドカ役を富田望生。本作のキーマンともなる前川新太役を矢野聖人が演じる。

『HiGH&LOW THE WORST』希望ヶ丘・幼馴染キャスト集合カット (C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
祖父の看病のため、団地から離れていた花岡楓士雄は、数年ぶりに街にへ。帰ってきた早々、全国から粗暴者が集まる鬼邪高校へ転入し、“テッペンをとる”と決意表明。いつものノリと変わらず盛り上がっているオロチ兄弟ら幼なじみたちだが、そこにはいるはずの新太の姿がない…。「鬼邪高校VS鳳仙学園」の最強の学校同士の大激突の裏で、新太の行方を探しながら絆を深めて成長していく幼なじみたちの友情物語が描かれ、想像を超える衝撃のストーリー内容となるようだ。

そして、オロチ兄弟のテーマ曲として「GENERATIONS」の新書き下ろし楽曲「SNAKE PIT」が決定。アップテンポな曲調と爽快なメロディーで映画をさらに盛り上げる。

さらに、友情物語を彩る新書き下ろし劇中歌「Nostalgie」は、「GENERATIONS」のボーカル、数原龍友が自身初のソロでバラード曲を歌い上げる。

『HiGH&LOW THE WORST』(C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 原作:高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX ※高橋ヒロシの「高」ははしごだか
「やっとソロでの楽曲に挑戦させてもらえる…その喜びの気持ちでいっぱいでした」と喜んだ数原さんは、楽曲については「この楽曲はすごく自分を投影しやすく、自然と歌詞が入って来ました。2番の歌詞で『変わることは勇気だと 大人になる度 そう 気がついた』と、ありますがちょうどこの曲をレコーディングした時期に、自分自身、心を、今までの考えを、大きく変なければいけない決断が迫られている時期でした。そんな時にこの歌詞が浮かび、自分が変わることは今までの生き方を変えるという事でもあり、未知な部分や怖さがありましたが、この歌詞に救われました。まさか自分が歌う楽曲に自分が救われるとは思ってもみなかったので驚きましたがその分、思い入れが強くなりました」と思いを明かし、「何か変わらなければいけない。決断が迫られている。そんな方々に変わることは怖いかもしれないけれど、自分が変わることでまた道が拓けるかもしれない…そんな想いが伝わると嬉しいです」と話している。

『HiGH&LOW THE WORST』は10月4日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top