北欧イケメンの変貌ぶりにも注目!『ハミングバード・プロジェクト』場面写真

ジェシー・アイゼンバーグとアレクサンダー・スカルスガルドがバディを組む『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』が、9月27日(金)より公開決定。

映画 洋画ニュース
『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • 『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • 『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • 『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • 『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • 『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
  • ジェシー・アイゼンバーグ - (C) Getty Images
  • アレクサンダー・スカルスガルド(C)Getty Images
ジェシー・アイゼンバーグとアレクサンダー・スカルスガルドがバディを組む『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』が、9月27日(金)より公開決定。併せて、“何があろうとまっすぐ突き進む男たち”の場面写真が解禁となった。

本作は、株式の高頻度取引(1秒に満たない極めて短い時間にコンピューターで株のやり取りを自動的に実施するシステム)に絶対的勝利をもたらすため、カンザス州からニューヨークまで約1,600kmをネットワークでつなぎ、0.001秒の時間短縮を目指した熱き男たちの実話を基にした物語。この事実は、『マネーボール』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』など数多くの映画化原作を持つマイケル・ルイス著「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」にも記されている。

プロジェクトを発案する主人公ヴィンセントには『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』のジェシー・アイゼンバーグ、そのバディであり、従兄弟の天才プログラマー、アントンには『ターザン:REBORN』「ビッグ・リトル・ライズ」のアレクサンダー・スカルスガルド。本作での役作りによる、“波平”風のヘアスタイルも話題となっている。

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
今回解禁となった場面写真からは、主人公で野心家のヴィンセント、そのバディで天才のアントン、そして彼らと手を組んだケーブル用パイプ埋設のプロフェッショナルであるマーク(マイケル・マンド)が地図を広げ、この「ハミングバード・プロジェクト」の戦略を練る様子がうかがえる。

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
約1,600kmの直線ケーブルを敷設し、たった0.001秒の通信速度を短縮することで、年間500億円以上の収入が見込める、まさに“アメリカン・ドリーム”な本プロジェクト。大企業を辞め、ベンチャーとして事業を立ち上げようとする彼らの資金調達の方法は!? 約1,600kmに直線を引く方法とは!? 彼らがいかにして巨額の利益を得ようとするのか、その戦略は必見だ。

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
そのほかには、ヘルメットを被ったヴィンセントとアントンの力強い眼差しや、緻密に計画を練っていく熱い姿が写し出される。その過程には大企業による妨害工作や、病魔など、様々な困難が待ち受けているが、プロジェクト成功のために人生を懸けて“何があろうとまっすぐ突き進む男たち”の姿に注目だ。

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』 (C)2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』は9月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top