売れないミュージシャンが一躍大スターに!『イエスタデイ』本予告

アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作『イエスタデイ』。この度、本予告と日本限定オリジナルのポスタービジュアルが解禁となった。

映画 洋画ニュース
『イエスタデイ』 (C) Universal Pictures
  • 『イエスタデイ』 (C) Universal Pictures
  • 『イエスタデイ』(C)Universal Pictures .
  • 『イエスタデイ』(C)Universal Pictures .
アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作『イエスタデイ』。この度、本予告と日本限定オリジナルのポスタービジュアルが解禁となった。

>>『イエスタデイ』あらすじ&キャストはこちらから

日本に先駆け6月28日(金)より北米で公開を迎え、レビューサイトの観客スコア90%を叩き出し、館アベレージ6,535ドルと好成績でスタートした本作。海外の人気雑誌「The Guardian」「EMPIRE」「The Telegraph」や批評家からは、軒並み4つ星の高評価を得ており、「ザ・ビートルズの音楽がこれまでにない、時代を超越したものであることを証明した。」など絶賛コメントが届いている。

今回解禁された予告編映像は、「昨日まで世界中の誰もが知っていたビートルズを、今日、自分以外の誰も知らなかったら…」というナレーションとともに、突然世界中が停電になったあと、ヒメーシュ・パテル演じる売れないミュージシャン・ジャックが交通事故を起こす場面から始まる。

友達や家族、リリー・ジェームズ演じる幼なじみで親友のエリーの前でザ・ビートルズの「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」を披露すると、涙目で感動しながらも「誰の曲?」と聞かれ、誰もザ・ビートルズを知らない世界であることにジャックは困惑する。


彼のオリジナルソングとして発表されたザ・ビートルズの楽曲は、世間から徐々に注目を浴びるようになり、ケイト・マッキノン演じるアメリカの有名音楽プロデューサーの目に留まる。世界から注目されるミュージシャンとなったジャックだが、当たり前のようにずっとそばにいたエリーから「住む世界が違う」と告げられ、2人の関係にずれが生じ始める。

全編に綴られるザ・ビートルズの名曲群の数々に合わせて、どんどんザ・ビートルズのような大きな存在になっていくジャック。最後には、本人役で出演するエド・シーランが、彼のライブに同行するジャックの友人からディスられるコミカルな掛け合いも映し出されている。

また、本ポスタービジュアルは日本のみに特別にアプルーバルが下りた日本限定オリジナルのデザイン。誰もが一度は見たことのある、彼らが歩いた“あの”ロードを歩くジャックとエリーの姿が写し出されている。

『イエスタデイ』 (C) Universal Pictures
楽しそうなエリーの表情とは対照的に、どこか心ここにあらずのジャックの姿。“ザ・ビートルズ”を彷彿とさせるデザインに、「昨日まで、世界中の誰しもが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らないー。」と書かれたキャッチコピーが印象的なビジュアルに仕上がっている。

『イエスタデイ』は10月11日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top