衝撃!人気女優を殺したのは洗脳された女性たち…『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』

女優シャロン・テートの殺人事件を、実行犯であるカルト集団チャールズ・マンソンとそのファミリーの女性たちに焦点をあてて描いた新作映画『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』が日本初上映される。

映画 洋画ニュース
『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
  • 『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』にも登場する人気女優シャロン・テートの殺人事件を、実行犯であるチャールズ・マンソン率いるカルト集団の女性たちに焦点を当てて描いた新作映画『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』。まもなく日本初上映を控える本作にも、要注目のキャストたちが集結している。

衝撃の実話を3人の女性たちに焦点を当て映画化


1969年8月9日未明、『ローズマリーの赤ちゃん』('68)で知られる鬼才ロマン・ポランスキー監督夫人であり、妊娠8か月だった女優のシャロン・テートがハリウッドの自宅の居間で友人4人とともに惨殺された。玄関のドアにはテートの血液で“Pig”(ブタ)と書かれていた。さらに翌8月10日未明には、ロサンゼルスに住むラビアンカ夫妻が同様の手口で殺害され、現場の壁や冷蔵庫には血で“Death to pigs”(ブタに死を)“Healter Skelter”(ヒールター・スケルター、綴り間違い)の文字が残された。

これらの凄惨な事件は、犯罪史上未曽有の猟奇残虐殺人として全米を震え上がらせた。やがて、69年末に逮捕されたのはチャールズ・マンソンとそのファミリー約20人。マンソンは自らをキリストの復活、悪魔とも称してヒッピーコミューンを形成、君臨していたカルト集団の首領。ビートルズの楽曲「ヘルター・スケルター」をもとにした独自の終末論は、やがて地球上で人種戦争が巻き起こる、というもの。事件の実行犯は、マンソンに盲従する20歳前後の女性たちを中心としたファミリーのメンバーだった――。

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
本作は、1969年に実際に起こったマンソン・ファミリーによる無差別連続殺人にインスパイアされ、マンソン・ファミリーの女性メンバーであり殺人の実行犯であった3人の女性が、チャールズ・マンソンと出会い、洗脳と狂信の果ての殺人、そして逮捕、収監されるという負のスパイラルに堕ちていった過程を描く衝撃作。ちなみに、タランティーノ監督最新作として話題沸騰中の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ではマーゴット・ロビーがシャロン・テートを演じている。

原作はエド・サンダースによる著書「ファミリー-シャロン・テート殺人事件」。平和的なヒッピー集団が戦闘的な殺人結社と化するまでを圧倒的な迫力で綴った犯罪ドキュメントをベースに、語りつくされた題材に新たな視点を盛り込むために実行犯の女性のひとり、レスリー・ヴァン・ホーテンの獄中生活を記録したカーリーン・フェイスの著書「The Long Prison Journey of Leslie Van Houten: Life Beyond the Cult」(原題)の要素も取り入れられた。

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
これらをもとに映画化したのは、『アメリカン・サイコ』(2000年)監督のメアリー・ハロン、脚本のグィネヴィア・ターナーの女性コンビ。2人は実行犯のファミリーのメンバーにフォーカスし、残虐な殺人そのものではなく、カルト集団に参加するところから収監されるまで、主要な女性メンバー3人を中心にこの悲劇的な事件に至る過程を描いた。

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC

人気ドラマや『スター・ウォーズ』最新作出演の注目俳優が集結


『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
実行犯のひとりレスリー・ヴァン・ホーテンを演じるのは、英国TVシリーズ「Skins-スキンズ」や大ヒットシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」、映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』などで知られるハンナ・マリー

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
同じくパトリシア・クレンウィンケル役には、ケヴィン・ベーコンとキーラ・セジウィックの娘であるソシー・ベーコン。さらに女優でミュージシャンとしても活躍するマリアンヌ・レンドンがスーザン・アトキンス役に扮し、カーリーン・フェイス役にはTVシリーズ「ナース・ジャッキー」や映画『マーウェン』に出演するメリット・ウェヴァー

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
そのほか、『名探偵ピカチュウ』『ジョナサン ふたつの顔の男』のスキ・ウォーターハウス、「ゴシップガール」のチェイス・クロフォードも出演しており、シャロン・テート役にはNetflix「グリーンハウス・アカデミー」のグレイス・ヴァン・ディーンが抜擢。

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 (C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC
そしてチャールズ・マンソン役を、英国TVシリーズ「ドクター・フー」やNetflix「ザ・クラウン」で知られ、12月公開『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で重要人物を演じるというマット・スミスが演じている。


『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』は7月31日(水)より新宿シネマカリテ「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」にて日本初上映(全5回)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top