突然の余命宣告…自らの“お葬式計画”は想定外の事態に!?『私のちいさなお葬式』

余命宣告を受けた73歳のおばあちゃんが、自分のお葬式計画に奮闘するロシアの感動作『私のちいさなお葬式』が日本でも公開決定。

映画 洋画ニュース
余命宣告を受けた73歳のおばあちゃんが、自分のお葬式計画に奮闘するロシアの感動作『私のちいさなお葬式』が日本でも公開決定。

村にひとつしかない学校で教職をまっとうし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている73歳のエレーナが、病院で突然の余命宣告を受けた。5年に一度しか顔を見せないひとり息子オレクを心から愛しているエレーナは、都会で仕事に大忙しの彼に迷惑をかけまいと秘密のお葬式計画を開始する。

惨めな死に方はしたくない彼女の願いは、お葬式に必要な棺や料理の手配を済ませ、夫が眠るお墓の隣に埋葬されること。遺体安置所や葬儀屋を訪ね回ったエレーナは、親友である隣人リューダや元教え子らの助けも得て、全ての準備を整えていく。ところが、そんなエレーナの“完璧なお葬式計画”は、いざあの世に旅立とうとする最終章で想定外の事態に…。

本作はモスクワ国際映画祭やウラジオストク国際映画祭で上映され、老若男女の心を鷲掴みにし観客賞を受賞する快挙を成し遂げた話題作。

文学をこよなく愛し、聡明で自立した女性エレーナのお葬式の準備には悲壮感がなく、そればかりか自らの足で軽やかに役所や遺体安置所に出向き、棺桶を台車に乗せて自宅に持ち帰ってくるその姿はユーモアとバイタリティに満ち溢れチャーミング。あらゆる世代の観客の心をほっこりさせる作品だ。

日本公開決定と併せて到着した日本版ポスタービジュアルは、思いつめた表情の女性を中心に、その周りで彼女が棺を運んだり墓堀りの人夫を連れていたりと、自分のお葬式を楽しそうに準備している様子が描かれている。

監督はウラジーミル・コット。エレーナ役をマリーナ・ネヨーロワ、息子オレク役をエヴゲーニー・ミローノフが演じるほか、アリーサ・フレインドリフ、ナタリヤ・スルコワ、セルゲイ・プスケパリスが出演している。

『私のちいさなお葬式』は12月、シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top