スクリーンとベッドが一体化!Netflixほか動画配信を堪能できるスマートベッドが登場

スマートデバイス市場にスマートベッドが登場した。その名も「HiBed」。イタリアの建築家&デザイナーのファビオ・ヴィネッラが手掛けたスタイリッシュなデザインのベッドだ。

最新ニュース ゴシップ
Netflix (C) Getty Images
  • Netflix (C) Getty Images
  • Amazon Prime vdeo (C) Getty Images
  • Hulu (C) Getty Images
スマートデバイス市場にスマートベッドが登場した。その名も「HiBed」。イタリアの建築家&デザイナーのファビオ・ヴィネッラが手掛けたスタイリッシュなデザインのベッドだ。

ベッドと70インチのスクリーン、HDプロジェクター、スピーカーなどが一体となっており、Wi-Fiにも対応。ボイスコントロールで様々なことが指示できるほか、モニターがユーザーの動きを察知したり、好みに合わせた気温調整を自動的に行う。朝はアラームで目覚めを促し、天気予報や渋滞情報を提供。生体計測モニターを内蔵し、ユーザーの体重管理まで行うという。

ベッドなだけに、夜はさらに大活躍だ。調光可能な読書灯の下、読書や仕事をすることもできるし、寝っ転がりながら目の前の巨大スクリーンでNetflixなどのドラマや映画を観ることもできる。ひとたび眠りにつけば、独自のアプリが眠りのパターンを分析し、睡眠の質の向上につなげる。まさに、「個人のコンシェルジェサービス」を実現したベッドだ。

「HiBed」には2つのタイプがあり、健康のみにフォーカスした簡易版は約1万4000ドル(約150万円)で、ボイスコントロールやエンタメ関連の設備を加えたものは約1万8700ドル(約200万円)。購入希望者は、販売元の「Hi-Interiors」のHPから予約する必要がある。

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top