水谷豊×反町隆史“特命係”5年目!「相棒」S18放送決定

「相棒season18」が10月からスタートすることが分かった。シリーズ史上最大規模といっても過言ではない、圧倒的スケールで新シーズンが幕を開ける!

最新ニュース スクープ
「相棒season18」放送決定
  • 「相棒season18」放送決定
  • 「相棒season18」放送決定
  • 「相棒season18」放送決定
国民的ドラマ「相棒」が誕生20年目を迎える今年、「相棒season18」が10月からスタートすることが分かった。シリーズ史上最大規模といっても過言ではない、圧倒的スケールで新シーズンが幕を開ける!

「season18」スタートで右京が行方不明!?


2000年に土曜ワイド劇場の作品として放送して以来、果敢な挑戦を続け、数々の伝説を打ち立ててきた「相棒」シリーズ。異例の特命係3人体制でスタートした前作も大きな話題を呼んだ。

最新作では、「season14」より衝突と摩擦を繰り返しながらも、信頼という絆を築いてきた名コンビの杉下右京(水谷豊)×冠城亘(反町隆史)がついに5シーズン目に突入。

初回スペシャルは、日本最北端に位置する架空の島“天礼島”が舞台。ロンドン旅行からとっくに帰国したはずの右京が消息不明となり、亘は右京を探すため、その最果ての島へ。しかし、その天礼島では不気味な連続殺人が発生。さらに、島では密かに国家を揺るがす陰謀が…!? というあらすじ。右京が行方不明という前代未聞の幕開けを迎える!

そんな初回スペシャルには、木村佳乃演じる比丘尼“妙春”こと、元代議士・片山雛子が、300回記念スペシャル以来の登場を果たす。

水谷豊、反町隆史と仲良しエピソード明かす「裸のつきあい」


水谷さんは今作について「まさか『season18』が右京の行方不明からはじまるとは…! 初回スペシャルはとにかくとんでもないストーリーで、みなさんをものすごい世界に連れて行ってくれることと思います」と自身も驚きの内容だったそう。

行われた北海道ロケについては「海辺の急な崖を降りて行って撮影したりと、訪れる場所のすべてが『今、「相棒」を撮影しているんだな』と実感するような、挑戦的なところばかりでした。海辺の崖の帰りはまた急な斜面を登って帰ったのですが、途中で1回休憩したほうがいいんじゃないかなと思ったのに、ソリ(=反町)が休まないので…結局、あきらめて一気に登りました(笑)」とエピソードも明かす。

「相棒season18」放送決定
さらに「ロケは12泊もの長期撮影でしたが、物知りなソリがいろいろアドバイスをくれるので生活に関してはまったく困りませんでした。そのアドバイスとは、主に撮影が終わったあとの過ごし方! 温泉地ですから大浴場があって、僕はなかなか普段そういうところには行かないのですが、ソリから『一緒に行きましょう』と誘われて今回、はじめて“裸のつきあい”をしました(笑)。実は、誘われてから3日連続、2人で一緒に入ったんですよ(笑)」と仲良しエピソードも。

反町隆史「いいものができている」


初回スペシャルについて反町さんは「共演者の方々と旅をしながら作品を作っているという実感があって、いいものができているなと感じています。初回スペシャルは大スケールで描かれていますし、素晴らしいゲストの方々との“セッション”が実現し、またこれまでにない形の作品ができたような印象がありますね」とその手応えを語る。

また、反町さんからも水谷さんと行ったという大浴場のエピソードが。「僕が無理やり水谷さんを誘って、一緒に大浴場に行きました。プロデューサーも共演者もスタッフも、みんなで入りました。あまりそういう機会はないので、お風呂につかりながらのんびり話すのはやっぱりいいなと感じました。そんな“裸のつきあい”を交わした、という距離感が画面からも伝わればいいですね(笑)」と言い、さらに「あと、水谷さんは『それだけで来たんですか?』と驚くぐらい、荷物が少ないんです。ホテルの部屋にお邪魔しても、何もないのでビックリしました。僕は水谷さんのバッグの3倍ぐらいの量の荷物を用意してきたんです。朝食を大事にしているので、炊飯ジャーやミキサーなど、とにかくぜんぶ持ってきました。コメまで持ってきたんですよ。でも宿泊させていただいた宿の朝食が素晴らしくて、ぜんぜん持ってくる必要がなかったです(笑)」と明かしている。

「相棒season18」放送決定

名キャラクターたちも集結


これまでシリーズを彩ってきた名キャラクターたちももちろん登場。

権力復活のチャンスを虎視眈々とうかがう警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)、右京の頭脳を認めながらも2人を疎む警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太)、亘の元上司で“鉄の女”の異名を持つ警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)。

前シーズンからの大物政治家・鑓鞍兵衛(柄本明)や、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男(浅利陽介)。そして、伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎課長(山西惇)らレギュラーメンバーも健在だ。 

初回スペシャルあらすじ


恒例のロンドン旅行を終えたはずの杉下右京が、1週間も無断欠勤。冠城亘はもちろん、右京を取り巻く面々はそれぞれの立場から安否を気にしていた。サイバーセキュリティ対策本部捜査官・青木年男(浅利陽介)が調べたところ、右京は1週間前に間違いなく帰国したが、その後の足取りがまったくつかめなかった。

そんな中、亘は秋田県警に呼び出される。なんと右京のスマートフォンが発泡スチロール容器に封入され、秋田の海岸に流れ着いたというのだ。潮流を計算したところ、この荷物の出発点は北海道の北に位置する日本最果ての離島、“天礼島”ではないか…。単身、島に乗り込んだ亘は、手がかりを求めて、島の中心部にある“信頼と友好の館”を訪ねる。ここは日本とロシアの交流を目的とした施設だったが、館長をはじめ、住み込みの若者たちは誰ひとり、右京を見かけていないという。

その後、信頼と友好の館で、亘は“ある人物”に出会う。その男との出会いが、戦慄の連続殺人へとつながっていくが…!? さらに、特命係は島内で密かに進められていた、“巨大な陰謀”を察知することに――!?

「相棒season18」は10月より毎週水曜日21時~テレビ朝日にて放送予定。※2クール
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top