佐藤健が慟哭…鈴木亮平&松岡茉優&田中裕子ら“家族”の再会『ひとよ』本予告

『ひとよ』から、慟哭する佐藤健や、MEGUMI、佐々木蔵之介ら豪華キャスト陣の登場シーンも初披露される本予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『ひとよ』(C)2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』(C)2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』(c)2019「ひとよ」製作委員会
白石和彌監督の最新作『ひとよ』から、慟哭する佐藤健や、MEGUMI、佐々木蔵之介ら豪華キャスト陣の登場シーンも初披露される本予告編が到着した。

>>『ひとよ』あらすじ&キャストはこちらから

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち3兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会する――。

『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
今回到着した予告編では、そんな久々の再会にも関わらず、次男・雄二(佐藤さん)は母・こはる(田中裕子)に痛烈な問いを浴びせかけスタート。一方、子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはるに対し、「稲丸タクシー」を切り盛りする社長の丸尾進(音尾琢真)や事務員の柴田弓(筒井真理子)は、「何も悪くないよ」と肯定。末っ子の妹・園子(松岡茉優)も「お母さんはあの人から私たちを助けてくれたんじゃん!」と訴えかける姿が映し出される。


しかし、稲丸タクシーの事務所には事件に関するゴシップ記事のコピーが大量に張り付けられ、園子が雄二に掴みかかり、長男・大樹(鈴木亮平)は、妻・二三子(MEGUMI)と言い合い…。こはるが原因で不穏な雰囲気が漂う。

たった“ひとよ”(一夜)の事件によって人生が決定的に変わってしまった家族が、全てを狂わせた夜から15年、3兄妹は複雑な想いを抱えながらこはると向き合うことに。ラストには、「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」と慟哭する雄二のシーンも登場しており、これまでの印象とは異なる新たな一面が見られる。

『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
さらに映像と併せて、白石監督からコメントも到着。稲村家4人のメイキング写真も公開された。

白石和彌監督 コメント


●初めて映画で「血縁の家族」を描くことについて
色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました。

●佐藤さん、鈴木さん、松岡さん、田中さんの「家族」はどうたったか、現場での様子について
バラバラのようで、しっかりと奥底で繋がっているんだなと感じることができる家族だったと思います。改めて俳優の力に唸らされる撮影現場でした。みなさんそれぞれのやり方で本番に向けて集中していました。

『ひとよ』は11月8日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top