戸田恵梨香、広瀬すずに「ゆっくり休んで」朝ドラヒロインバトンタッチ

連続テレビ小説のヒロインのバトンタッチセレモニーが行われ、「なつぞら」の広瀬すず、「スカーレット」の戸田恵梨香が顔を合わせた。

最新ニュース レポート
連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
  • 連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
  • 連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
  • 連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
  • 連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
連続テレビ小説のヒロインのバトンタッチセレモニーが本日9月17日(火)NHK大阪放送局にて行われ、「なつぞら」の広瀬すず、「スカーレット」の戸田恵梨香が顔を合わせた。

NHK連続テレビ小説は、戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台にした大森寿美男によるオリジナル作品で第100作目となる「なつぞら」が現在放送中。今月末からは、第101作目「スカーレット」が放送開始。水橋文美江が脚本を手掛ける、焼き物の里・信楽(しがらき)に生きる女性陶芸家の波乱万丈な物語が描かれる。

そんな2作品でそれぞれヒロインを務める広瀬さんと戸田さんが、今回セレモニーに参加。まず、長い撮影を終えた広瀬さんへ戸田さんが「お疲れ様でした。私は撮影が始まって半年くらい経ったところで、広瀬さん、ヒロインとして本当に大変だっただろうなということが想像できました。本当に長い間お疲れ様でした、ゆっくり休んでください」とねぎらいの言葉をかける。

一方、広瀬さんは「長い撮影期間の中で、私でもわりと大丈夫だったので、戸田さんもきっと大丈夫と思う部分もあるんですが、前回のバトンタッチで安藤サクラさんから『ヒロインにしか分からない気持ちがある』と言われて、それは私も痛感したので」と明かし、続けて「戸田さんにも吐き出せる場所があったらいいなと。私は共演者の方々が一番だったので、みなさんが支えてくださると思います。ずっと演じるって難しいことだと思うので、ぜひ頑張ってください。オンエアを楽しみにしています」と激励した。

連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
またこの日は、それぞれの作品にちなんだ品をプレゼントする場面も。広瀬さんからは、アニメ製作・指導を担当している刈谷仁美が手掛けた「スカーレット」喜美子の陶芸に打ち込む姿を描いたオリジナル人物画を。そして、戸田さんからは役作りで陶芸稽古も行った戸田さんが手作りした信楽焼きのマグカップが贈られた。

連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
ドラマにも登場する愛らしいタヌキもあしらわれた人物画を受け取った戸田さんは「本当にうれしいです。あたたかな『なつぞら』の世界に喜美子が入れたと思うと、感極まります。ありがとうございます」と喜び、一息ついてもらい、疲れを癒やしてほしいという思いが込められているというマグカップを受け取った広瀬さんも「すごくうれしいです。撮影がある中でお忙しいのに。大切にします」とコメントした。

連続テレビ小説 バトンタッチセレモニーNHK提供
連続テレビ小説「なつぞら」は9月28日(土)まで放送中。

連続テレビ小説「スカーレット」は9月30日(月)8時~総合ほかにて放送開始(全150回)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top