「ドクターX」米倉涼子、クランクインは少し過酷!?「後遺症が」新キャスト市村正親と共演

米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6弾となる待望の新シリーズがクランクインしたことが分かった。

最新ニュース スクープ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」クランクイン
  • 「ドクターX~外科医・大門未知子~」クランクイン
  • 米倉涼子
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6弾となる待望の新シリーズが9月上旬にクランクインし、主演・米倉涼子が撮影スタートした感想を語った。

2年ぶりの待望の新シリーズとなる本作は、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子が、再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に登場。市村正親、ユースケ・サンタマリア、清水ミチコら新キャストも出演する。

未知子役の米倉さんがクランクインを迎えたのは、都内から遠く離れた山の中。第1話の冒頭、未知子が山奥をさまよい歩いた後に見つける一軒家での撮影で、ニコラス丹下役の市村さんや、丹下の使用人・鮫島有役の武田真治、そしてシリーズお馴染みの加地秀樹役・勝村政信の4人でクランクインした。

山奥で、足場の悪い急斜面での撮影だったため、演技以外にも気を使わなくてはならなかったキャストたち。撮影を終えた米倉さんは「ヌメヌメしたところでバランスをとりながらお芝居をしているのが、意外と大変だった」と言い、「次の日腕が上がらなかったり、脚を引きずって歩いていたり、と後遺症が残っていました」と過酷な撮影だったとふり返っている。

また、「バーベキューしてくれたり、かき氷を作ってくれたり…スタッフの皆さんのおかげで遠いところでのロケも頑張れました(笑)」と撮影の合間を楽しんだようだ。

さらに、この数日後には、スタジオで「東帝大学病院」外科医局のシーンの撮影もスタート。遠藤憲一や鈴木浩介らお馴染みレギュラーキャストと再会し、新たなレギュラーメンバーのユースケさんらと初共演も果たした。

そんな撮影について、米倉さんは「帰ってきたなー、という懐かしい気持ちもあったのですが、それ以上にものすごく緊張してしまいました…。人前で医療用語を使いながら説明することのプレッシャーと苦しみを久々に思い出して、『ああ、「ドクターX」ってこうだったな』とあらためて感じています」と明かす。

そして「『ドクターX』は、人の命がかかっているお話。それだけ緊張感がありますし、身を引き締めながら撮影をしています。それだけのハードルを与えてくれているドラマなので、きっとご覧になる皆さんもその緊張感を楽しみながら見ていただけるのではないかと思っています。ぜひ楽しんでいただけたら、と思います」と放送を楽しみに待つ視聴者へメッセージを寄せている。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」は10月17日より毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送。※初回15分拡大
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top