新海誠監督『天気の子』4D版上映決定  “祈り”ポスターも到着

『天気の子』が、9月27日(金)から4D版を上映することが決定。新ビジュアルも到着した。

映画 邦画ニュース
現在公開中の新海誠監督作『天気の子』が、9月27日(金)から4D版を上映することが決定。大ヒットを記念として新ビジュアルも到着した。

>>『天気の子』あらすじ&キャストはこちらから

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を“選択”する物語を描いた本作。SNSでは公開当初より、“4D”との相性を予測したファンたちが期待の声を上げていたが、今回この熱い声援に応える形で4D版上映が決定。

『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
水や風、煙、フラッシュなど迫力の4D環境効果が、次々と変動する気象現象が描かれる『天気の子』とどのように合わさるのか必見だ。

そして、公開から34日間で興行収入100億円を突破し、9月16日までの60日間で観客動員950万人、興行収入127億円を超える記録的な大ヒットを記念して、新ビジュアル「祈りポスター」を制作。

手を握り合いながら、強く祈る帆高と陽菜が描かれた本ポスターは、これぞ新海ワールドというような、緻密で美しい仕上がりだ。

『天気の子』は全国東宝系にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top