フランスが最も愛した文豪、その誕生にあった母の愛『母との約束、250通の手紙』予告

フランスで観客100万人を動員した、シャルロット・ゲンズブール主演の感動作『母との約束、250通の手紙』。フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪、ロマン・ガリのベストセラー自伝小説「夜明けの約束」を映画化した、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース
フランスで観客100万人を動員した、シャルロット・ゲンズブール主演の感動作『母との約束、250通の手紙』。フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪、ロマン・ガリのベストセラー自伝小説「夜明けの約束」を映画化した、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

フランス文学界で最も権威のあるゴンクール賞をただ1人、2度も受賞しただけでなく、外交官、映画監督、そして名作『勝手にしやがれ』で知られる女優ジーン・セバーグの夫でもあったガリ。彼を伝説の作家に育てあげようと、人生の全てを捧げた母・ニーナと、その想いに全力で応えようとした少年・ロマンの絆を描いた本作で、シャルロット・ゲンズブールは母のニーナを、『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネが大人になったロマンを演じている。

『イヴ・サンローラン』ピエール・ニネ/photo:Nahoko Suzukiピエール・ニネ

■息子の成功を信じる母を支え続けた想いとは…?


解禁された予告編には、アパルトマンの片隅で階上から見下ろし嘲笑を浴びせる住民たちに向かって、ロマンを連れたニーナが「私の息子は作家になる。偉大になるのよ!」と宣言する姿が。その後も、ニーナが「よく聞くのよ お前は大物になる」「生きて有名にならないと意味がない」「愛する息子よ どんな時も書き続けなさい 死ぬのは許さない」とロマンが大人になるまで叱咤激励を飛ばし続けるシーンが続く。

そんなニーナに対し、ロマンは幼心に「僕は約束した 母の途方もない夢を叶えると」と決めて小説家を志し、やがて軍に入隊して戦争へ。母の重すぎる愛情に包まれ、一心に生きるロマンだったが、時に「勝手に僕の人生を決めないで!」「分かってる!」とその期待に押しつぶされそうになるシーンも。


そして、老いたニーナが「帰ってきた時 お前が許してくれますように」という言葉と共に、立派に育ったロマンを迎えるのだが…。頑なに息子の成功を信じ、激しく濃密な愛でロマンを導いてきたニーナを駆り立てたもの、そこにあった真意は何なのか、気になる内容となっている。

■シャルロット・ゲンズブール×ピエール・ニネ、見つめ合う親子がポスターに


また、同時に公開されたポスタービジュアルは、ニーナと大人になったロマンがテーブルで向かい合う、予告編の最後のシーンを切り取ったもの。愛情あふれる視線をロマンに向けるニーナとその手を取り口づけるロマン、親子の幸せなひと時に「あの日、ぼくは誓った 母の途方もない夢を叶えると――」というコピーが添えられている。

ポスタービジュアル『母との約束、250通の手紙』
『母との約束、250通の手紙』は1月31日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top