佐久間由衣、小関裕太らを翻弄『“隠れビッチ”やってました。』予告

イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れビッチ”やってました。』の公開日が決定。併せて、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

映画 邦画ニュース
イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れビッチ”やってました。』の公開日が12月6日(金)に決定。併せて、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

>>『“隠れビッチ”やってました。』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された予告編では、佐久間さん演じる“隠れビッチ”のひろみが本当の恋と出会い、自分の弱さと向き合い成長していく姿が映し出されている。

カラダの関係は一切なしで男にチヤホヤされることを生きがいにしている彼女が、清純を装って3年間で振った男の数は驚異の600人。「ボディータッチ」「褒め殺し」「ブリッ子」などのモテテクニックで、小関裕太、前野朋哉ら演じる男たちが次々と餌食となりオトされていく。


モテることに全力を注いでいる彼女だが、友人の前では「たくさんの男に好きって言われて、自分の自信がチャージされればそれでオッケー」と隠された本音も飛び出し、男の前で演じているキャラと実際とのギャップが垣間見える。


後半は、傷つくだけだと避けてきた本気の恋と出会ったことをきっかけに、愛されないことへの不安や自分の弱さに気づき、心が揺れ動く様子が描かれている。佐久間さんのくるくる変わる表情から、笑いあり涙ありの展開を期待させる予告映像になっている。


予告編と同時にポスタービジュアルも解禁。「女の顔には裏がある。」と書かれた佐久間さんのあざとかわいい仕草と、“隠れビッチ”に翻弄される男性キャストたちの姿が収められている。


『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top