イランの少女たちが世界共通の“痛み”映し出す『少女は夜明けに夢をみる』予告

イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちに迫り、第66回ベルリン国際映画祭アムネスティ国際映画賞を受賞したドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』から、予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
  • 『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちに迫り、第66回ベルリン国際映画祭アムネスティ国際映画賞を受賞したドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』から、予告編が解禁となった。

『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production
イランを代表するドキュメンタリー作家で、小津安二郎、アッバス・キアロスタミ、ロベール・ブレッソンの作品群から映画を学んだというメヘルダード・オスコウイ監督が、撮影許可に7年もの歳月をかけて完成させた本作。予告編では更生施設で過ごす、ときに無邪気な少女たちの姿とともに、彼女たちが犯した罪についてのインタビューカットが連なっていく。


世界30か国以上の映画祭で上映され、多くの賞を受賞した本作には、世界中の少女たちが経験し、抱えている本源的な“痛み”が描かれている。少女たちはなぜ罪を犯さなければならなかったのか? 家族に裏切られ、社会に絶望してもなお、家族の愛を求め、社会で生きていかざるをえない少女たち。

「見えない存在(インビジブルピープル)」として疎外されてきた少女たちとオスコウイ監督が築き上げた強固な信頼関係と親密な時間から生まれたドキュメンタリーとなっている。

『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production

あらすじ


『少女は夜明けに夢をみる』 (C)Oskouei Film Production雪が黒い土や建物を覆う、クリスマス前の少女更生施設。雪が降り積もり、無邪気に雪合戦に興じる、あどけない少女たち。その表情は、ここが高い塀に囲まれ、厳重な管理下におかれた更生施設であることを感じさせないほど瑞々しい。

やがて少女たちが施設に入ることになった背景が、彼女たち自身の言葉によって、解き明かされていく。むごい虐待に耐えかねて父親を殺してしまった少女。叔父の性的虐待からのがれて、家出をし、生きるために犯罪を繰り返す少女。幼くして母となり、その夫に強要され、ドラッグの売人となった少女…。

義父や叔父による性的虐待にさいなまれ、あるいはクスリよって崩壊した家庭は、少女たちにとって安息の場所ではありえない。ストリートにも家庭にも自らの居場所がない少女たち。その心の嗚咽が問いかける。少女たちの罪の深さと、人間の罪深さとを――。

『少女は夜明けに夢をみる』は11月2日(土)より岩波ホールほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top