三浦春馬が多部未華子に…プロポーズの撮影裏公開『アイネクライネナハトムジーク』

『アイネクライネナハトムジーク』より、三浦春馬演じる佐藤が多部未華子演じる紗季にプロポーズするシーンの裏側を映したメイキング映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『アイネクライネナハトムジーク』(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  • 『アイネクライネナハトムジーク』(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  • 『アイネクライネナハトムジーク』(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  • 『アイネクライネナハトムジーク』(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  • 『アイネクライネナハトムジーク』(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  • 『アイネクライネナハトムジーク』(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
現在公開中の伊坂幸太郎原作映画『アイネクライネナハトムジーク』より、三浦春馬演じる佐藤が多部未華子演じる紗季にプロポーズするシーンの裏側を映したメイキング映像が到着した。

>>『アイネクライネナハトムジーク』あらすじ&キャストはこちらから

公開されたメイキング映像では、佐藤が紗季にプロポーズをするシーンが切り取られ、緊張のあまり指輪の箱の向きを間違えてしまう細かい部分も演じ切る三浦さん。そして「オッケー」の声がかかると、嬉しそうにガッツポーズをする場面も収められている。一方、プロポーズを受ける紗季の表情も捉えられている。

また場面は変わり、バス停で佐藤と紗季が会話をする映画終盤のこちらも大事なシーンの裏側も公開。

ここでは、三浦さんが多部さんと今泉力哉監督にシーンの提案をし、その提案に熱心にうなずく2人の姿が。今泉監督の「僕の仕事は役者の芝居を見ること。役者を信じ、芝居を信じることで、勝手に魅力的になっていくものを大事にしたい」という演出が垣間見える一幕となっている。


『アイネクライネナハトムジーク』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top