映画『ダウントン・アビー』1月10日公開 ロイヤルファミリー訪問の予告編も到着

20世紀初頭を舞台に、大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らすグランサム伯爵クローリー家とその使用人たちの悲喜こもごもの生活を描いた英国傑作ドラマの映画化『ダウントン・アビー』が、2020年1月10日(金)より公開決定。ポスターと予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
20世紀初頭を舞台に、大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らすグランサム伯爵クローリー家とその使用人たちの悲喜こもごもの生活を描いた英国傑作ドラマの映画化『ダウントン・アビー』が、2020年1月10日(金)より公開決定。ポスターと予告編が解禁された。

「ダウントン・アビー」は2010年9月の放送開始以来、ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に多数輝き、英国王室やハリウッドセレブたちを夢中にさせ、世界200以上の国と地域で大ヒットした傑作ドラマシリーズ。

「ダウントン・アビー」 -(C) Carnival Film & Television Limited 2010. All Rights Reserved.
ファンが待ちに待った映画版は全米初登場1位を記録、配給のFOCUS作品歴代No.1オープニングという華々しい記録を打ち立て、米・映画批評サイト「RottenTomatoes」では批評家84%フレッシュ、観客95%フレッシュのハイスコア、「Cinemascore」では「A」を獲得するなど高い評価を得ている(2019年10月1日現在)。

物語の舞台は、TVシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の“ダウントン・アビー訪問”という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)はかつての執事カーソン(ジム・カーター)と共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることに…。

この度解禁となったポスターは「皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。」のコピーとともに、イングランド北東部・ヨークシャーのダウントン村にある壮麗な大邸宅「ダウントン・アビー」に住むグランサム伯爵家、従事する使用人たちが一堂に会した迫力のあるビジュアル。

『ダウントン・アビー』 (C)2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.
予告編では、ロイヤルファミリーの滞在に沸き立つ「ダウントン・アビー」の懐かしい面々の姿が。煌びやかなお屋敷、衣装、目に入るもの全てが洗練された世界は、スクリーンでいっそう映えることになりそうだ。


製作と脚本を手掛けるのはアカデミー賞脚本賞受賞のジュリアン・フェローズ。キャストは、先代グランサム伯爵夫人バイオレットを演じるマギー・スミスを筆頭に、お馴染みのヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァーンほかファン待望の顔が勢ぞろい。そして映画版に初登場する、『ハリー・ポッター』シリーズや『ヴェラ・ドレイク』の名女優イメルダ・スタウントンは、マギー・スミスと丁々発止のやりとりを見せるという。

イメルダ・スタウントン (C) Getty Images
『ダウントン・アビー』2020年1月10日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top