ゾーイ・クラヴィッツ、R・パティンソン主演『バットマン』でキャットウーマンに

「ビッグ・リトル・ライズ」のゾーイ・クラヴィッツが、マット・リーヴス監督がメガホンを取る新しい『バットマン』で、キャットウーマンを演じることが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
ゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images
  • ゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images
  • ロバート・パティンソン-(C)Getty Images
  • ゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images
  • ゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images
  • ハロウィン・パーティーでのゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images
「ビッグ・リトル・ライズ」のゾーイ・クラヴィッツが、マット・リーヴス監督がメガホンを取る新しい『バットマン』で、キャットウーマンを演じることが明らかになった。「Variety」誌が報じた。すでにタイトルロールにはロバート・パティンソンが決定している。

同誌によると、ここ数週間キャットウーマン役の候補に、ゾーイのほかザジー・ビーツ(『デッドプール2』、『ジョーカー』)、エイザ・ゴンザレス(『ベイビー・ドライバー』)、アカデミー賞女優のアリシア・ヴィキャンデルの名前が挙がっていたという。ゾーイは『ファンタスティック・ビースト』最新作の撮影も控えていることから、スケジュール調整が懸念されたが、最終的にキャットウーマン役に選ばれたようだ。

キャットウーマンはこれまでにミシェル・ファイファー、ハル・ベリーらが演じており、最近では『ダークナイト ライジング』でアン・ハサウェイが演じた。

新『バットマン』はすでに製作準備段階に入っており、撮影開始は今年の終わりまたは来年の始まり頃とのこと。全米公開は2021年6月25日予定。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top