「映像研には手を出すな!」実写映画化、齋藤飛鳥ら乃木坂メンバー出演

「月刊!スピリッツ」(小学館)にて連載中の大童澄瞳による「映像研には手を出すな!」が、監督・英勉で実写映画化されることが決定した。

映画 邦画ニュース
『映像研には手を出すな!』(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016 大童澄瞳/小学館
  • 『映像研には手を出すな!』(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016 大童澄瞳/小学館
  • 原作:大童澄瞳「映像研には手を出すな!」(小学館「月刊!スピリッツ」連載中)
「月刊!スピリッツ」(小学館)にて連載中の大童澄瞳による「映像研には手を出すな!」が、監督・英勉(『ヒロイン失格』『あさひなぐ』)、「乃木坂46」出演で実写映画化されることが決定した。

原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の青春冒険譚を描いた漫画。

2017年には「TV bros.」のマンガ賞である「ブロスコミックアワード2017」大賞を受賞したほか、Twitter投票にて選出される「俺マン2017」で1位、「この漫画がすごい!2018」オトコ編15位など、様々な賞レースで存在感を発揮。また、来年1月にはTVアニメ化も決定しており、作品人気上昇中だ。

原作:大童澄瞳「映像研には手を出すな!」(小学館「月刊!スピリッツ」連載中)
今回の実写化で物語のメインとなる3人の超個性的女子高生たちを演じるのは、主人公・浅草みどり役を齋藤飛鳥。水崎ツバメ役を山下美月。金森さやか役を梅澤美波と、アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバー。

「アニメは設定が命!」が信条で、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者の浅草役を演じる主演の齋藤さんは「こんな世界は今まで一度も体験したことがありません」と本作の印象を語り、「自分の中に在ったものを真っ直ぐ描いている作者様は天才です。その作品に出演する私。天才の皆さんに、必死について行く他はありません。『映像研』を研究して、研究して、その世界に足を踏み込んでも邪魔にならないように、心を込めて精一杯、演じさせて頂きます」と意気込み。

俳優一家に生まれ、親に反対されつつも自分を表現するためにアニメーターを目指すカリスマ読者モデルのお嬢様水崎役の山下さんは「妄想と現実が入り交じるこの世界をどのように映像にしていくのかまだ未知数ではあります。ですが制作陣の皆様のお力をお借りしなから、『私の考えた最強の世界』をリアルに創ることができたら最高に格好良いなとワクワクが止まりません」と心境を明かす。

そして、2人の才能をまとめ、管理し、金儲けをしようとするプロデューサー気質の金森役・梅澤さんも「今は正直、彼女たちが妄想するあの世界を本当に再現できるのか?どうなっていくのか?全く予想もできません。スケールが莫大すぎて頭の中では想像すらできません。けど、だからこそやりがいがあるのでは?と感じています」と言い、「制作陣の皆様、共演者の皆様とディスカッションしながら、金森さやかのどこか刺があるようで暖かい独特な雰囲気で浅草氏、水崎氏の良きパートナーになれるよう、この作品にいいスパイスを加えられるよう精一杯務めてまいります。飛鳥さん、美月と共に、"最強の3人"になれるように。自分自身にとってかなりの挑戦になるかと思います。とてもワクワクしています。楽しみにしていてください」と呼びかけている。

本作では、アニメーションをほとんど使わず、主人公たちの妄想と現実が入り乱れた“最強の世界”を作り上げる。

『映像研には手を出すな!』は2020年初夏、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top