超特急、ディカプリオ製作『フッド:ザ・ビギニング』を応援「冒頭に注目」

レオナルド・ディカプリオ製作『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが先週行われ、応援隊長である「超特急」が登壇した。

最新ニュース レポート
『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
レオナルド・ディカプリオ製作の映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが先週10月10日に行われ、応援隊長である「超特急」のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが登壇した。

>>『フッド:ザ・ビギニング』あらすじ&キャストはこちらから

超特急が熱く見どころ語る! 「とにかくカッコいい!」「かなり熱い」


超満員となった会場に、顔を隠したマスクとフードのある衣装という伝説のヒーロー“ロビン・フッド”になりきって登場した「超特急」の4人。リョウガさんは「こんな大きな映画の応援隊長を僕たちが務められると思っていなかったので光栄です。ヒーローは勿論のこと、反逆者となってこの映画を盛り上げたいと思いますのでよろしくお願いいたします!」と挨拶。

映画の感想を聞かれると、カイさんは「タロン(・エジャトン)が演じるロビンがとにかくカッコいい! 表向きは領主なんですが、裏の顔は盗賊で、領民のために盗賊になって悪事を暴こうとする姿が正義に溢れている! タロンの愛嬌とユーモアがあふれていて愛すべきカリスマだなと思いました」と魅力を熱弁。映画好きだというリョウガさんも「アクション映画を観ることが多いんですが、今まで観た中でも超越している作品。弓矢のアクションがとてつもなくカッコいい!」と同じく本作に魅了された様子。

ほかの2人も「アクションだけでなくラブストーリーも印象的です。冒頭に注目してください。かなり熱いんです!」(ユーキさん)、「アクションもですが、ロビン・フッドになるまでの軌跡やストーリーがあるので、そこにも注目していただけたら! よろしくお願いします!」(タカシさん)とアピールした。

『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

自身の“裏”の顔は――


主演のタロン・エジャトン演じるロビン・フッドは、<表と裏>2つの顔を持つ人物だが、今回メンバーに表の顔が“アーティスト”だとしたら「裏の顔」は――? と質問が投げかけられる場面も。

『フッド:ザ・ビギニング』(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
まず、カイさんはゲーム好きのリョウガさんがパンツ一丁でゲームをしていることに加え、仕事でフランスに行ってメンバーを恋しがっているユースケさんにそのパンツ一丁の写真を送り付けたことを告白。すると、リョウガさんが「ある意味反逆者になってしまう(笑)」と赤面。

一方、リョウガさんはカイさんがクールな見た目とは裏腹に、少年のような可愛い一面を持っていることを明かし、ユーキさんはタカシさんが実はライブが終わるとほんわかしていてゆるキャラであることを明かし「一家に一台欲しい」と。タカシさんはユーキさんについてドジっ子担当だがダンスリーダーをやっており、ライブの演出も手掛けていてカッコいいと語るなど、メンバー愛感じるエピソードを披露した。

『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

アクロバティックな弓矢使いに生挑戦


『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
“フッド:ザ・チャレンジ”と題して、プロモーション動画で映画の中で登場する弓やアクションに挑戦した「超特急」。

今回その習得した弓矢アクションを本イベントで披露! 内容は、メンバーが15秒でどれだけ早く打てるかをチャレンジ。カイさんは矢をつがえるのに苦戦しながらも2本、リョウガさんはロビン・フッドになりきり、マスクをして挑戦し同様の2本という結果に。また、タカシさんは綺麗なフォームで3本を射抜き、ユーキさんは素早い動きで見事最多4本を射抜いて観客を沸かせていた。

『フッド:ザ・ビギニング』(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
チャレンジし終えたメンバーたちは「早打ちって難しい」(カイさん)、「的を射抜いたときは本当に気持ち良い。これを機に皆アーチェリーをやってみて欲しい」(リョウガさん)、「一発チャレンジで度胸試しになる」(タカシさん)、「2020年にはオリンピックもあるので、是非安全な場所で皆にもチャレンジして欲しい」(ユーキさん)とそれぞれ感想を語った。

『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『フッド:ザ・ビギニング』は10月18日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top