マライアや“ボサ・ノヴァの神様”にも影響を与えたジャズ界のレジェンドとは?

ジャズの歴史に輝かしい功績を残したチェット・ベイカーの知られざる最期の数日を描く『マイ・フーリッシュ・ハート』から、ジャズ界のレジェンドから悲しきジャンキーへと堕ちた孤高の天才の場面写真が到着。

映画 洋画ニュース
『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
  • 『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
アイルランドのロックミュージシャン、スティーヴ・ウォールが主演し、ジャズの歴史に輝かしい功績を残したチェット・ベイカーの知られざる最期の数日を描く『マイ・フーリッシュ・ハート』。この度、ジャズ界のレジェンドから悲しきジャンキーへと堕ちた孤高の天才の場面写真がシネマカフェに到着した。

>>『マイ・フーリッシュ・ハート』あらすじ&キャストはこちらから

1950年代のジャズ・シーンに彗星のごとく現れ、唯一無二の魅惑を湛えたトランペットの清冽な音色と中性的な歌声によって“巨人”マイルス・デイヴィスを凌ぐほどの人気を獲得したチェット・ベイカー。ウエストコースト・ジャズのスーパースターから、悲しき孤独なジャンキーへと堕ちていったチェットは、その極端に起伏の激しい人生そのものまで伝説化されてきたが、彼が58歳の時にオランダ・アムステルダムのホテルから転落死した際の真相は、未だベールに包まれている。

“ボサ・ノヴァの神様”も惚れ込んだ伝説的ジャズミュージシャン


『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
チェットは1952年、当時最高峰のアルト・サックス奏者のひとりであったチャーリー・パーカーに認められ、彼の西海岸ツアーに参加。その後バリトン・サックス奏者ジェリー・マリガンとコンビを組み、楽器編成はバリトン・サックス、トランペット、ベース、ドラムスと、ピアノが参加していない(ピアノレス)ことも当時のジャズ界では異彩を放った。だが、マリガンの薬物トラブルにより、そのバンドは約1年で解散。

『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
チェットはピアニストのラス・フリーマンをパートナーに、新バンドを結成する。巨人マイルスを抜き、ジャズ専門誌の人気投票でトップに輝いたのもこの時期。また54年には、初のヴォーカル・アルバム「チェット・ベイカー・シングス」も制作。ライヴ会場は女性客で溢れ、ハンサムな容姿、語りかけるような歌声やトランペットの優しい音色に嬌声があがったという。

そのチェットが大きな影響を与えたのが、ボサ・ノヴァを創成したとされ、“ボサ・ノヴァの神様”と称されたジョアン・ジルベルトだ。チェット登場以前の“歌うトランペッター”といえば、ルイ・アームストロングに代表されるように、野太く声量たっぷりに歌い、並はずれた肺活量と唇の強さを誇るかのように高音を吹きまくるスタイルが主だったが、チェットはそれと正反対のアプローチをとった。

『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
決して力まず、クールに。そのスタイルはジョアン・ジルベルトのみならず、現在もティル・ブレナーやアンドレア・モティスのパフォーマンスに受け継がれ、マライア・キャリーなど多くの人気アーティストがその音源をサンプリングしている。

『マイ・フーリッシュ・ハート』 (C)2018 (PUPKIN) - VPRO
『マイ・フーリッシュ・ハート』は11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top