佐藤二朗、「ちびまる子ちゃん」ゲスト声優に「“光栄”の一言」

児嶋一哉(アンジャッシュ)と佐藤二朗が、「ちびまる子ちゃん」アニメ化30周年記念企画“10週連続ゲスト声優まつり”のゲスト声優に決定した。

最新ニュース スクープ
「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
児嶋一哉(アンジャッシュ)と佐藤二朗が、「ちびまる子ちゃん」アニメ化30周年記念企画“10週連続ゲスト声優まつり”のゲスト声優に決定した。

これまで、「B.B.クィーンズ」や「ももいろクローバーZ」、田中真弓が登場し、そして本日は山寺宏一がものまねの得意な露天商役で登場する10週連続ゲスト声優まつり。

本企画もよいよ後半戦。11月17日放送の6話目のゲスト声優には児嶋さん、続く11月24日放送の7話目は佐藤さんが出演する。

児嶋さんが担当するキャラクターは、飲み屋で偶然一緒になったことでまる子の父・ヒロシと意気投合する“大島さん”。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
まる子も連れだって大島さんの持つ船で近くに釣りに行くことになるが、そこでアラスカにキングサーモンを釣りに行ったという大島さんに、今度一緒にアラスカに行かないかと誘われる。すっかりその気になったヒロシは酒もたばこもやめて、旅費をためるために節約を開始するが…という「ヒロシ、アラスカに行きたい」の巻。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
「ちびまる子ちゃん」の実写ドラマにはヒロシ役で出演していた児嶋さんは「うちの嫁さんが(ちびまる子ちゃんが)大好きで、決まった時はものすごくテンションがあがっていましたね。僕は実写ドラマでヒロシをやらせてもらっていたので、最初にヒロシと絡むシーンがあって感慨深かったです」と今回の出演決定にコメント。

また実際にアフレコしてみて「難しかったです。声の加減が難しかったですが、監督さんがいろいろ指示を出してくれたのでやりやすかったです。OAが楽しみです!」と感想を語っている。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
一方、佐藤さんが演じるのは、公園でまる子たちが偶然出会った謎の“知らないおじさん”だ。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
そんな知らないおじさんが登場する「まる子たち、知らないおじさんと遊ぶ」の巻では、仕事の途中にたどり着いた公園で鬼ごっこをするまる子たちに出会った知らないおじさんが、一緒に遊ぼうと声をかける。早速、鬼になってかくれんぼが始まるが、親しげすぎるおじさんに少しずつ不安に。さらに、知らないおじさんが交番で見た指名手配犯の写真に似ているのではないかと言い出し…。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
「私の妻が、さくらさんの大ファンなんです」と言う佐藤さん。「今回の話が来たときに誰よりも妻が喜びました。もちろん『ちびまる子ちゃん』はたくさんの方に長く愛されている作品なので、私としても“光栄”の一言です」と今回の参加を喜ぶ。

超実写版『ライオン・キング』などで吹き替えを担当し話題となった佐藤さんだが、今回のアニメ声優については「吹き替えは何回か経験がありますが、やるたびに思うのは、“プロの声優さんってすごいな”ということなのですが、今回はそれよりも、普段テレビで見ているキャラクターの声と自分の声が同じ画面から聴こえるのが不思議な感覚でした」と演じた感想を明かしている。

「ちびまる子ちゃん」は毎週日曜日18時~フジテレビ系にて放送中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top