『ソニック・ザ・ムービー』新ビジュアルで予告解禁 2020年3月27日公開決定

大人気キャラクター“ソニック”をハリウッドが実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開日が決定、さらに最新予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース
『ソニック・ザ・ムービー』
  • 『ソニック・ザ・ムービー』
  • ジム・キャリー -(C) Getty Images
  • ジェームズ・マースデン-(C) Getty Images
セガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)から発売され、世界のゲームファンの心をつかみ愛され続けているゲームの大人気キャラクター“ソニック”をハリウッドが実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』。この度、本作の日本公開日が2020年3月27日(金)に決定、さらに最新予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

>>『ソニック・ザ・ムービー』あらすじ&キャストはこちらから

最新予告編では、地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するため奔走。

おもちゃやゲームなど、初めて知る地球の文化に興味津々な姿から、大量のガジェットを投入しソニックをつけ狙うドクター・ロボトニックを「その程度?」と挑発する、やんちゃでお調子者な一面が覗くシーンも。

ドクター・ロボトニックから仲間を守るため、砂漠に大都会、万里の長城と、自慢の超高速スピードで世界中を駆け回る、疾走感溢れる冒険を予感させている。


同時に解禁された新ポスタービジュアルでは、“ソニック”が、ゲームやアニメでお馴染みのキメゼリフで「ノープロブレム!ここはオレにまかせとけ!」と、余裕の表情を浮かべ、イヤホンで音楽を聴きながらゲームのアイコン的アイテムのリングで遊ぶ、ティーンエージャーらしい姿が。

本作は、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』『ターミネーター:ニュー・フェイト』のティム・ミラーがプロデュースし、監督にはアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが実写映画を初監督。

生まれ変わった世界的人気ゲームキャラクターが、スクリーン狭しと駆け回る超高速スピードアドベンチャーとなりそうだ。

『ソニック・ザ・ムービー』は2020年3月27日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top