松本穂香の“お湯を慈しむ”表情に注目…『わたしは光をにぎっている』本編映像

『四月の永い夢』で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』から、松本穂香演じる主人公の銭湯での開店準備シーンが解禁となった。

映画 邦画ニュース
『わたしは光をにぎっている』 (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
  • 『わたしは光をにぎっている』 (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
  • 『わたしは光をにぎっている』 (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
  • 『わたしは光をにぎっている』 (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
  • 『わたしは光をにぎっている』 (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
『四月の永い夢』で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』から、松本穂香演じる主人公の銭湯での開店準備シーンが解禁となった。

>>『わたしは光をにぎっている』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された映像は、松本さん演じる主人公・澪の成長が垣間見える銭湯での開店準備シーン。何事にも受け身で頼りなく不器用だった澪が自らの意思で行動をするようになり、テキパキと準備をこなしていく様子が映し出されていく。

ふるさとから上京して始めたスーパーでのアルバイトは続かず、次の仕事も見つからないまま何となく日々を過ごしていた澪。心の支えであった祖母からの「目の前のできることから、ひとつずつ」という言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。


映像では、澪がデッキブラシで床をこすり、洗い場を丁寧にシャワーですすぐ姿やボイラーの灰を掃除する姿が垣間見える。さらに、浴槽に張ったお湯を手ですくう印象的なシーンも。タイトル通り「光をにぎっている」ようなこのシーンは浴槽の底に鏡を入れ、上から当てた光を反射させて生み出した。

現場で中川監督は松本さんに対し、「お湯を慈しむように」と独特な演出をしたという。終始子どものようだった澪がお湯に触る瞬間だけ見せる、これまでと違った表情にも注目だ。

『わたしは光をにぎっている』は11月15日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top