まさに“シャイニング”=不思議な力…『ドクター・スリープ』2人の次世代子役に注目

『ドクター・スリープ』で900人の候補者から大抜擢されたカイリー・カランと、レベッカ・ファーガソンを驚愕させたジェイコブ・トレンブレイ、2人の次世代子役に注目。

映画 洋画ニュース
『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • 『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • カイリー・カラン『ドクター・スリープ』LAプレミアにて (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • カイリー・カラン『ドクター・スリープ』LAプレミアにて (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • ジェイコブ・トレンブレイ『ドクター・スリープ』LAプレミアにて (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • 『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • 『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • 『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
  • 『ドクター・スリープ』本ポスター(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
スティーヴン・キングの原作を基に、ユアン・マクレガーが壮絶な惨劇を生き延び、大人になったダニーを演じる『ドクター・スリープ』。本作では、900人の候補者から大抜擢されたカイリー・カランと、レベッカ・ファーガソンを驚愕させたジェイコブ・トレンブレイという2人の次世代子役が重要な役割を担っている。

>>『ドクター・スリープ』あらすじ&キャストはこちらから

11月8日に全米で公開を迎えた本作は、米批評家サイト「Rotten Tomatoes」の観客スコアは91%を獲得(11月11日時点)。「ホラー愛好家のみではなく、あらゆるジャンルの中で今年のベスト映画の1つ」「原作本と映画『シャイニング』両方の解釈が素晴らしい」と激賞レビューが続出、すでにキング映画最高傑作の呼び声も高い。

ユアン・マクレガー、大抜擢の少女に「生まれつきの才能がある」


カイリー・カラン『ドクター・スリープ』LAプレミアにて (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
『シャイニング』から40年、ダニーの周りで起こる児童連続失踪事件を皮切りに、子どもたちの存在が重要なポイントとなる本作。今回、ダニーと同じ“シャイニング”の力を持つアブラ役に抜擢されたのがカイリー・カラン

カイリーは7歳の時からの演技経験があり、舞台を中心に活躍していたが、ここまで大きな映画作品は初めて。彼女を抜擢した経緯について、マイク・フラナガン監督は「カイリーは自ら撮影したオーディションテープで、900人ほどの候補者の中から這い上がってきた」と明かす。競演したユアン・マクレガーも「とても自然に、シーンをいろんなやり方で演じることができる。生まれつきの才能があるんだ」と語り、彼女の演技に目を見張ったという。

『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
映像作品の経験が少ないカイリーを選んだ理由について、「“シャイニング”は、ある人がもつ言葉では表現できない無形の力だと言えるが、それを彼女はもっていたんだ」と監督は語る。

「オーディションは最終的に5人の候補者まで絞られたが、オーディションテープからカイリーが特別なのはわかっていたが、実際にオーディションにやってきてユアンの横に座り、ダニーとアブラが初めて会うシーンを演じたカイリーを見て、改めてふたりの間に何か深いものがあると感じたよ。そのときアブラ役は彼女しかいないと思った」と明かし、彼女がまるでアブラのように不思議な力を持っているのではと思ったとふり返った。

レベッカ・ファーガソン「誰かの演技であれほどショックを受けたことはない」


ジェイコブ・トレンブレイ『ドクター・スリープ』LAプレミアにて (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
また、“特別な力=シャイニング”で事件を目撃したアブラが見つけた少年ブラッドリーを演じているのが、『ルーム』や『ワンダー 君は太陽』で天才と呼ばれたジェイコブ・トレンブレイだ。本作でも出演時間こそ長くないものの、その存在感で共演者や製作チームを驚かせた。

事件にかかわる謎の女、ローズを演じたレベッカ・ファーガソンは、目の前で彼の演技を目撃したときの興奮を「監督の『アクション!』という声が聞こえたとき、狂乱状態に入る準備をしているジェイコブが見えた。彼は過呼吸になり、叫び始めた。それを見た私は唇が震え、喉の奥につかえを感じ、涙を止めることができなかった。だからシーンの間ずっと涙を拭っているのよ。誰かの演技であれほどショックを受けたことは今まででもないわ」とふり返っている。

『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
彼の演技を目の前で“目撃”したファーガソンだけではなく、監督や製作チームもその演技に愕然、ほかの共演俳優もスタッフもその場から少し離れ、回復する時間を取らなくてはいけないほどの強烈なものだったという。

物語が展開するうえでの支点となる、本作において欠かせない存在となる子どもたち。2人の次世代子役の熱演に注目してほしい。

『ドクター・スリープ』は11月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top