宮沢氷魚『his』の役作りを名作から学ぶ…「人を深く愛してしまったときの、危うさや醜さ」

今泉力哉監督最新作『his』にて映画初主演を務めた宮沢氷魚が、男性同士の切実な恋愛を描いた傑作『ブエノスアイレス』と『ブロークバック・マウンテン』を役作りの参考にしたと明かした。

映画 邦画ニュース
『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 宮沢氷魚『his』 (C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
  • 『his』(C)2020映画「his」製作委員会
『愛がなんだ』の今泉力哉監督最新作『his』にて映画初主演を務めた宮沢氷魚が、本作の主人公を演じるにあたり、男性同士の恋愛を描いた傑作『ブエノスアイレス』(’97)と『ブロークバック・マウンテン』(’05)を役作りの参考にしたと明かした。

>>『his』あらすじ&キャストはこちらから

宮沢さんは、海外と日本におけるLGBTQをとりまく環境の違いを目の当たりにしたことが、出演のきっかけになったという。

「幼稚園から高校までインターナショナル・スクールに行って通っていて、男子校で先輩にも後輩にもゲイやバイセクシャルの人が当たり前にいましたし、アメリカにいたときもみんなオープンに公表していました。でもいざ日本の社会に出てみたらその認識というか受け入れ方がまるで違ってショックでした」と宮沢さん。「だからこそ、何らかの形でLGBTQの認知度を上げたいと思っていたので、この企画のお話をいただいた段階ですぐにやらせてくださいと言いました」。

『his』(C)2020映画「his」製作委員会
周囲にゲイと知られることを恐れ、東京を離れて田舎暮らしを選ぶ主人公・井川迅を演じるにあたり、宮沢さんが参考にしたのが『ブエノスアイレス』と『ブローバック・マウンテン』。

アルゼンチンの雄大な自然のもと、トニー・レオンとレスリー・チャンが離れては寄り添い、また離れるカップルを演じ、監督ウォン・カーウァイが第50回カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した『ブエノスアイレス』。第89回アカデミー賞作品賞『ムーンライト』にも大きな影響を与えた1作だ。

『ブエノスアイレス』(C)APOLLO
また、1960年代の保守的なアメリカ西部を舞台に、惹かれあう2人のカウボーイの20年間を描いた『ブロークバック・マウンテン』は、アカデミー賞でヒース・レジャーの主演男優賞、ジェイク・ギレンホールの助演男優賞ノミネートを含む最多8部門にノミネート、監督賞、脚色賞、作曲賞の3部門を受賞した。

『ブロークバック・マウンテン』(C)APOLLO
この2本を、クランクイン前に製作陣から観ておくべき作品といわれた宮沢さん。恋愛のみならず、2人の男性の生き方を情感たっぷりに描いている作品から恋愛の本質を学んだという。「キラキラした男性同士の恋愛というより、もっと自然体に演じるにはどうしたらいいのか考えながら映画を観ました。人を深く愛してしまったときの、危うさや醜さといった、人間味のある部分が描かれていたので、芝居の参考にしました」と語り、「もどかしさと、真逆の勢い。両方を大事にした」とキスシーンに臨んだ際の心境も明かした。

「これで誰かを救うなんて言ったらバチが当たるぐらい大袈裟ですが、一人でも多くの人に興味を持っていただければ、ぼくたちがこの作品を作った意味があると思う」と語る宮沢さん。今回は、そんな役作りの成果が伝わる切ない新場面写真もお披露目されている。

『his』(C)2020映画「his」製作委員会
『his』は2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top