メガネ姿の横浜流星、要潤&山口紗弥加ら共演陣も「シロクロ」場面写真一挙公開

清野菜名&横浜流星W主演1月ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より、先行して場面写真が一挙到着。

最新ニュース スクープ
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
  • 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
清野菜名&横浜流星W主演の1月ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より、先行して場面写真が一挙到着。W主演の2人はもちろん、魅力的な共演陣の姿も写し出されている。

本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、Mr.ノーコンプライアンスからの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける物語。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
清野さんが演じるのは、囲碁棋士の川田レンと、世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在・ミスパンダ。到着した場面写真では、レンのアルバイト先のママ(椿鬼奴)や店主(升毅)と写るカットや、寝起き姿のような写真も。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
一方、横浜さんが演じるのは、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動し、さらにレンを操ってミスパンダに仕立て上げる飼育員さんでもある森島直輝。レンとの2ショットやメガネ姿のカットが到着している。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
ほかにも、フリーのディレクターを演じる要潤や、直輝の恋人で報道記者役の白石聖、レンの母親役山口紗弥加の姿も確認することができる。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

第1話ストーリー


囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)に時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われること。世間では、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。

そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、彼女の死についてネット上で様々なうわさが飛び交う。ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいていき…。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は2020年1月12日より毎週日曜日22時30分~日本テレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top