稲垣吾郎が朝ドラ「スカーレット」に医師役で登場、第22週から

戸田恵梨香がヒロインを務める現在放送中の連続テレビ小説「スカーレット」後半の物語を彩る新たな出演者として、稲垣吾郎の出演が決定。3月上旬、第22週から登場予定だという。

最新ニュース スクープ
戸田恵梨香がヒロインを務める現在放送中の連続テレビ小説「スカーレット」。この度本作の後半の物語を彩る新たな出演者として、稲垣吾郎の出演が決定。3月上旬、第22週から登場予定だという。

第42作「青春家族」(’89年前期)以来、2回目の連続テレビ小説出演となる稲垣さん。焼き物の里・信楽(しがらき)に生きる女性陶芸家の波乱万丈な物語を描く本作で稲垣さんが演じるのは、戸田さん演じる喜美子が病院で知り合う医師・大崎茂義。息子・武志が病気になったときの主治医で、穏やかで親しみやすく、武志と喜美子を精神的にも支えていく人物だ。

本作の制作統括は「物語終盤のとても大切な役どころです」と今回の役柄について明かし、「医師としての信頼とともに、少し型破りなところも感じさせる個性的な人物。柔らかさと強さをもって演じていただければ、と大いに期待しております」と語っている。

そんな重要キャラクターを演じることになった稲垣さんは「連続テレビ小説への出演は1989年の『青春家族』に出演して以来、約30年ぶりとなりますので大変感慨深いものがあります。喜美子と息子・武志の支えとなる医師をしっかり演じていきたいと思います」と意気込みのコメントを寄せている。

連続テレビ小説「スカーレット」は月~土曜日午前8時~NHK総合ほかにて放送中。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top