アダム・ランバート、LGBTQ+団体をサポートする基金を設立

ゲイであることを公言しているアダム・ランバートが、LGBTQ+団体を支援するNPO基金「フィール・サムシング・ファンデーション」を創設した。

最新ニュース ゴシップ
アダム・ランバート (C) Getty Images
  • アダム・ランバート (C) Getty Images
  • クイーン+アダム・ランバート (C) Getty Images
  • クイーン+アダム・ランバート (C) Getty Images
ゲイであることを公言しているアダム・ランバートが、LGBTQ+団体を支援するNPO基金「フィール・サムシング・ファンデーション」を設立した。

アダムが発表したSNSの投稿によると、同基金のミッション(使命)は、「すべての年代やバックグラウンドを持つ人たちのコミュニティに目に留まる変化をもたらす、LGBTQ+団体をサポートすること」だという。


「Billboard.com」が入手した声明文によると、より具体的には「教育、ホームレス問題の解消、自殺防止などのチャリティー活動を行うLGBTQ+団体とタッグを組み、変化をもたらしたい」とのこと。

また、アダムが立ち上げた基金には、「誰かを定義するには、ただ純粋にその人であればいい」という思いから、「『カミングアウト』という言葉を廃止しよう」という動きがあるのも特徴だ。

アダム自身、過去に「アメリカン・アイドル」に出演中、何か月にも及んでセクシュアリティについてうわさされるという困難な時期があったことを告白している。同番組への出演終了後、アダムは「カミングアウト」。当時、すでに友達や家族にはゲイであることを伝えていたため、複雑な気持ちもあったようだ。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top