松田翔太&志尊淳&西野七瀬ら豪華キャストが“白衣”で活躍『一度死んでみた』

広瀬すず主演のコメディ映画『一度死んでみた』で、“2日間だけ死んじゃう薬”を開発する製薬会社には社長の堤真一をはじめ、松田翔太、志尊淳、西野七瀬ら優秀な(?)社員たちが勢揃い。

映画 邦画ニュース
『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
広瀬すずが、ハードなメタルファッションに身を包んだ衝撃ビジュアルでコメディ映画に初挑戦する『一度死んでみた』。本作で“2日間だけ死んじゃう薬”を開発する製薬会社「野畑製薬」には社長の堤真一をはじめ、松田翔太、志尊淳、西野七瀬ら優秀な(?)社員たちが勢揃いしている。

>>『一度死んでみた』あらすじ&キャストはこちらから

物語の舞台は、主人公の七瀬(広瀬さん)の父親・計が経営する製薬会社「野畑製薬」。計は野畑製薬で開発していた若返りの薬=ロミオの開発中に偶然できてしまった“2日間だけ死んじゃう薬”=ジュリエットを服用し、仮死状態になってしまうのだが、奇想天外かつ誰もが羨む若返りの薬を開発するとは、野畑製薬はさぞ優秀な社員が働いているに違いない。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
5分に1度、あっと驚くような豪華俳優陣が出演する本作で、今回は野畑製薬で白衣をまとって働く社員たちの場面写真が到着。七瀬の父親であり、野畑製薬の社長を務める野畑計を演じる堤真一といえば、ドラマからシリアスまでこなす実力派俳優にして、脚本の澤本嘉光に「コメディの象徴のような俳優」と言わしめる存在。髪の毛をピッチリと分けた七三ヘアに眼鏡というビジュアルでコミカルな演技を披露している。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
計は優秀な研究員を抱える野畑製薬の社長というだけあり、本人も“科学オタク”。娘・七瀬からは「クソオヤジ!」と嫌がられている。しかし、「人と違うところはみんな特技」がモットーで、存在感がなさすぎて“ゴースト”と呼ばれている社員・松岡(吉沢亮)には特技を生かした「七瀬の見張り」という仕事を課して励ますなど、トップに立つ者らしい一面も。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
また、計に「じいさん」と呼ばれる藤井さん役には松田翔太。本作のキーアイテムであるロミオを作り出した張本人であることから、優秀な社員で科学者であることがうかがえる藤井さんは「新薬の治験はまず自分でしないと」という主義。圧倒的知識と技術、穏やかな話し口で計からも絶大な信頼を得ているが、実はとっておきの秘密が…?

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
そして野畑製薬の未来を担う有望な若手社員に扮するのは、志尊淳柄本時生前野朋哉西野七瀬ら人気俳優たち。 突然知らされた社長の死に、なにやら複雑な表情を見せる面々だが、一体彼らが心配していることとは何なのか? ユニークかつ優秀な人材ばかりの社員たちにも要注目。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
『一度死んでみた』は3月20日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top