中村倫也「仲間っていうか共犯者?」『水曜日が消えた』意味深な予告編

中村倫也主演映画『水曜日が消えた』より、サスペンスフルな予告編とポスタービジュアルが到着した。

映画 邦画ニュース
中村倫也主演映画『水曜日が消えた』より、サスペンスフルな予告編とポスタービジュアルが到着した。

>> 『水曜日が消えた』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主人公は、ひとりの人間の内側で曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”。そのうちの最も地味でつまらない<通称:火曜日>の視点を通して描かれていく。

『水曜日が消えた』ティザービジュアル (C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
到着した予告編では、“火曜日”が目覚めるシーンからスタート。コミカルに展開していくかと思いきや、“水曜日が消えた”ことで急展開。

中島歩演じる新任医師・新木が「あなたの中で異変が起きています」と忠告したり、石橋菜津美演じる“7人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬が「水曜日に来てたんだ」と意味深なセリフを放ったり。さらに、物語の鍵を握る図書館司書・瑞野(深川麻衣)、“7人の僕”を少年時代から見守る医師・安藤(きたろう)も登場。

『水曜日が消えた』石橋菜津美&深川麻衣&きたろう&中島歩&休日課長 (C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
「仲間っていうか共犯者?」「僕を見張れって?」というセリフも飛び出し、一体僕に何が起きたのか、謎深まる映像となっている。


そして、中村さんにガラス状の亀裂が入ったポスタービジュアルも到着した。

『水曜日が消えた』(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
『水曜日が消えた』は5月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top