上白石萌歌、舞台「ゲルニカ」ヒロイン役で夢叶う「最後まで駆け抜けられれば」

上白石萌歌が、PARCO劇場オープニング・シリーズ パルコ・プロデュース2020「ゲルニカ」でヒロインを務めることが決定した。

最新ニュース スクープ
上白石萌歌が、PARCO劇場オープニング・シリーズ パルコ・プロデュース2020「ゲルニカ」でヒロインを務めることが決定した。

PARCO劇場オープニング・シリーズの秋の陣第1弾を飾る本作は、2018年読売演劇大賞及び最優秀演出家賞に輝く演出家・栗山民也と、2018年紀伊國屋演劇賞個人賞受賞、鶴屋南北戯曲賞など数々の賞を受賞し、筆力に定評のある劇作家・長田育恵の初タッグによる新作。

栗山さんがスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来20年以上、あたためてきた構想を基に、長田さんが“ゲルニカに生きる人々の人間ドラマ”にフォーカス。本作は、歴史劇や歴史の悲惨さを問うものではなく、普通の人々の生活が突然脅かされ、消えてしまった悲劇、そしてそれを乗り超えるべく生きていく人々を描いた希望の話でもある。

そんな本作でヒロインの少女・サラを務めるのは、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ受賞し、「義母と娘のブルース」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などに出演、バラエティー番組「A-Studio」ではサブMCに抜擢、「adieu」名義で音楽活動も行うなど、マルチに活動する若手女優の上白石さん。

サラは、ゲルニカの貴族の家に生まれ、閉ざされた世界にいた少女。裕福な少女が、スペイン内戦により目覚め、様々な人々との繋がりのなか、一人の女性として成長し、そして命の果てるその瞬間まで精いっぱい生きぬく難役に挑む。

今回、栗山民也演出作品に初登場となる上白石さんは「役者としての夢の1つであった栗山さんの舞台にこんなにも早く出演させていただけることを心から嬉しく思います」と喜び、「パブロ・ピカソが描いた『ゲルニカ』は悲痛な叫び声がいくつも聞こえてくるような、身震いするほどの恐怖を感じる絵。この一枚から浮かび上がるあの日のゲルニカの人たちの想い、祈りとはどのようなものだったのか。必死に受け取りながら演じたいです。今から期待やら不安やらが一気に押し寄せてきているところですが、栗山さんを信じて最後まで駆け抜けられればと思います」と意気込みを語っている。

また栗山さんは「お姉さんの萌音さんとは去年ご一緒し、その美しく確かな感性を実感、まさに『奇跡の姉妹』だと思います。今度は、妹の萌歌さん、本気でぶつかり合いましょう」とコメントしている。

PARCO劇場 オープニング・シリーズ「ゲルニカ」東京公演は9月、PARCO劇場にて上演。
※10月より京都、新潟、豊橋、北九州にて公演予定
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top