ラナ・デル・レイの歌声でモンスター続々登場『スケアリーストーリーズ 怖い本』MV

『スケアリーストーリーズ 怖い本』から、ラナ・デル・レイが歌う「魔女の季節」が彩るモンスター満載のMVが公開。

映画 洋画ニュース
『スケアリーストーリーズ 怖い本』 (C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『スケアリーストーリーズ 怖い本』 (C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ラナ・デル・レイ Photo: Pamela Cochrane
  • 『スケアリーストーリーズ 怖い本』 (C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
親や教師から批判が殺到し、全米の学校図書館に置くことが禁じられたいわくつきの短編集を原案にギレルモ・デル・トロ企画、製作で映画化した『スケアリーストーリーズ 怖い本』。この度、ラナ・デル・レイが歌う「魔女の季節」が彩るモンスター満載のMVが公開された。

>>『スケアリーストーリーズ 怖い本』あらすじ&キャストはこちらから

デル・トロたっての希望でエンディング曲「Season of the Witch」を提供したのは、アメリカ人シンガー・ソングライターのラナ・デル・レイ。2年ぶり6枚目のアルバム「ノーマン・ファッキング・ロックウェル」により第62回グラミー賞の「年間最優秀アルバム」と「年間最優秀楽曲」の主要2部門にノミネートされ、2月12日に開催された英国の音楽誌「NME」が主催するNME Awards 2020では「Best Album In The World」を受賞し、いま最も勢いにのるアーティストのひとり。

ラナ・デル・レイ Photo: Pamela Cochrane
今回エンディング曲として採用された「Season of the Witch」のオリジナルは、“英国のボブ・ディラン”と呼ばれたドノヴァンが1966年に発表した「魔女の季節」。過去にはアル・クーパーやロバート・プラント、ジョーン・ジェット、「ホール」など錚々たるアーティストにカバーされてきた名曲として知られる。

彼女に「魔女の季節」を歌ってもらいたい




デル・トロはラナを起用したことについて、「以前から彼女のファンだったけど、この映画の企画が進んでいるときに直感で彼女に『魔女の季節』を歌ってもらいたいと思ったんだ。彼女ならきっと魔法をかけたみたいにこの曲を歌ってくれるって。彼女に頼んだのは大正解だった。彼女は素晴らしいアーティストで、彼女に参加してもらったことはとっても誇らしいよ」と絶賛。

また、最近では新生『チャーリーズ・エンジェル』でアリアナ・グランデ、マイリー・サイラスとのコラボ、過去にはレオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』やティム・バートン監督の『ビッグ・アイズ』などに楽曲提供してきたラナも、デル・トロへの想いは格別のよう。

彼がハリウッドの殿堂入りを果たした式典でも敬意を表すスピーチを行い、本作のアメリカでの公開時には「『スケアリーストーリーズ 怖い本』とともに、私の歌が広がっていくなんて感激!」とTwitterでコメントしていた。


今回解禁されたMV映像内に流れる彼女の歌は、本作の物語とリンクし、ガンメルの不気味なイラストや本作に登場するモンスターたちとも相性抜群。また1950年代・60年代のアメリカーナを取り入れたラナのスタイルや哀しみを帯びた声は、1968年のアメリカ郊外を舞台にしたレトロな雰囲気にもマッチ。何度も“♪~魔女の季節がやってきた”と繰り返す抽象的で不穏な歌詞も、呪われた本がひとりでに書いた物語に沿って、次々と人が消えてゆく不可解な恐怖に拍車をかけている。

『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

ラナ・デル・レイ「Season of the Witch」(アルバム未収録)はデジタルで配信中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top