ケヴィン・ファイギ、「シンプソンズ」で“サノス”風キャラ「チノス」の声優に

マーベルのCEOケヴィン・ファイギが、日曜日(現地時間)に「ザ・シンプソンズ」で演技デビューを果たす。

最新ニュース ゴシップ
ケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • ケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • マーベル・スタジオのCEOケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • 「ザ・シンプソンズ」-(C) Getty Images
マーベルのCEOケヴィン・ファイギが、日曜日(現地時間)に「ザ・シンプソンズ」で演技デビューを果たす。「Variety」誌によるとケヴィンは「Bart the Bad Guy」というエピソードに出演。MCU作品でお馴染みのスーパーヴィラン「サノス」をパロディ化した、「チノス」役の声優を務めるという。

このエピソードは、バート・シンプソンが大人気映画シリーズ『ヴィンディケイター』の最新作を、ひょんなことから公開前に目にし、「ネタバレ」を武器としたスーパーヴィラン「スポイラー・ボーイ」になってしまうという物語。


「チノス」は『ヴィンディケイター』の中に登場する悪役で、スマホの中に入っている“この世の終わりアプリ”で「私はこの惑星を炎で包み、ユートピアとして再生できるんだぞ!」と脅す。ケヴィンのほかにもMCU作品でマリア・ヒル役を演じたコビー・スマルダーズと、コビーの実生活での夫タラン・キラムが、「ハイドレンジア」と「エアショット」というスーパーヒーローの声を演じる。

さらに、『アベンジャーズ/エンドゲーム』などを手掛けた監督のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が、バートのネタバレ攻撃をなんとか避けようとする映画会社の重役として出演するとのこと。

「ザ・シンプソンズ」はアメリカで現在シーズン31まで続いている人気アニメシリーズ。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top