矢作穂香×伊藤健太郎W主演で婚活ウォッチ「ピーナッツバターサンドウィッチ」ドラマ化

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」矢作穂香と、NHK連続テレビ小説「スカーレット」伊藤健太郎が婚活マンガ「ピーナッツバターサンドウィッチ」の実写ドラマ化でW主演。

最新ニュース スクープ
矢作穂香&伊藤健太郎&伊藤修子「ピーナッツバターサンドウィッチ」 (C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS  (C)ミツコ/講談社
  • 矢作穂香&伊藤健太郎&伊藤修子「ピーナッツバターサンドウィッチ」 (C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS  (C)ミツコ/講談社
  • 原作者・ミツコよりイラストコメント(C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS  (C)ミツコ/講談社
  • 矢作穂香
  • 伊藤健太郎
「イタズラなKiss~Love in TOKYO」で注目を集めて以降、女優・モデルとして活躍する矢作穂香と、NHK連続テレビ小説「スカーレット」で好演を見せ、多数の公開作品が控える伊藤健太郎が婚活奮闘マンガ「ピーナッツバターサンドウィッチ」の実写ドラマ化でW主演。「おっさんずラブ」の伊藤修子とともに、婚活を研究・サポートする謎の組織のメンバーを演じる。

原作は、女性ファッション誌「with」の読者アンケートを元に、婚活世代の女子たちの、リアルな声を反映して描かれた同名漫画。婚活“あるある”や痛みもそのまま詰め込んだ共感度満点な内容が大きな反響を呼んだ。

物語は、過去の不倫経験から“普通”に執着する沙代。長年付き合った彼となかなか次の段階に進めない美晴。流されやすくいつもセフレ止まりな美和。プライドの高さから玉の輿しかありえない茜、という違った結婚観を持つ4人の女性たちが結婚へ向けて奮闘する姿が描かれる。

婚活ドラマとトークがサンドされた恋愛バラエティ型新感覚ラブコメディ


いわゆる婚活ドラマと大きく違うポイントは、婚活をサポートする“謎の組織”・ピーナッツバターサンドウィッチーズの存在。本作では、政府が女性の選ぶ多様な幸せの形をサポートする秘密機関を立ち上げた、という独自の世界観で描かれる。バリキャリ、セカンドライフ、妊活など様々なカテゴリーのなか、ピーナッツバターサンドウィッチーズ(通称PBS)が担当するのは「婚活」。PBSは、日本女性の中から毎度、婚活女子4人をピックアップし、サポート・研究していく。

さらにドラマ版では、婚活女子の恋愛模様の合間に、PBSによるデータからみた恋愛解説(例えばワンナイトラブから付き合える確立は通常何%、20代で結婚に不安をもつ女性は何%など)や、スタジオトークのような談義が挟まる試みとなっており、ラブストーリーとスタジオトークがサンドされた恋愛バラエティ型の新感覚ラブコメディとなっている。

矢作穂香&伊藤健太郎&伊藤修子が婚活サポートトリオに!


この組織の存在と結婚自体に疑問を持っている新人研究員で、潜入捜査を担当の椿役には、2013年に主演ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」で注目を集め、映画『花筐/HANAGATAMI』でヒロインに抜擢、昨年はドラマ「家政夫のミタゾノ」「ボイス 110緊急指令室』「ねぇ先生、知らないの?」や、映画『いなくなれ、群青』に出演し、雑誌「ar」ではビューティー連載を持つなど、女優だけでなくモデルとしても若者の心を掴んでいる矢作穂香

矢作穂香
「元々原作を読んでいたので、出演が決まった時からずっとワクワクが止まりませんでした。演じられることができて、とても光栄です。女性たちの婚活の行方を、最後までしっかりと見守っていきたいと思います」と、期待に胸を膨らませている様子。

一方、データ至上主義で、成績優秀だが人の感情に疎いところのある先輩研究員・小林役には、現在放送中の「スカーレット」に川原武志役で出演し、『弱虫ペダル』『今日から俺は!!劇場版』『とんかつDJアゲ太郎』『のぼる小寺さん』など、すでに多数の公開映画が控え、今年29年ぶりに現代版としてよみがえるドラマ「東京ラブストーリー」では主人公・永尾完治に抜擢された若手実力派・伊藤健太郎が決定。タイプの異なる2人の掛け合いも見どころとなる。

伊藤健太郎
「政府の婚活サポート機関、もちろん、実在しない機関ですが、この秘密機関『PBS』の一員としてクールに淡々と調査、分析し、時に新人の椿を面白がりながら、婚活女子4人の恋愛模様と椿の成長を権田所長と共に見守って行きたいと思っています」と、意気込みをコメント。

そして、この組織を取り仕切る権田所長役には、映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』ほか、NHK連続テレビ小説「なつぞら」や、ドラマ「僕が笑うと」「人生が楽しくなる幸せの法則」など、豊かな個性と確かな演技力を持つ日本一ポップな女優・伊藤修子

「あれこれ悩む女性達を俯瞰する気楽な立場ですが自分自身は関東の出身で特に方言とかがないので関西弁のセリフというのが心配です。一言二言レベルならごまかせても偽物感がどうしても出てしまいそうです…」と、権田所長の関西弁のセリフに心配を覗かせる(?)伊藤さん。「これから身の回りにいる関西人の話声に耳をそばだてる毎日になりそうです。よろしくお願いいたします」とコメントを寄せる。

さらに、原作者・ミツコからも喜びのイラストコメントが到着。

原作者・ミツコよりイラストコメント(C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS  (C)ミツコ/講談社
ドラマでは、この謎を秘めた個性強烈なトリオとともに、努力次第で何でも手に入ると思っているバリキャリOL・沙代、長過ぎる交際に結婚への希望も薄まっていく看護師・美晴、求められるとすぐに体を許してしまう自己評価の低い信用金庫OL・美和、誰もが振り向く美貌を持つ高嶺の花なのに、どこか影のある秘書・茜という女性4人の生活を覗き見し、ときにツッコミを入れつつも、彼女たちの苦難と喜びの瞬間を目撃していくことになる。

ドラマ特区「ピーナッツバターサンドウィッチ」は4月2日より毎週木曜、テレビ神奈川23時~、MBS24時59分~ほかにて放送。

ドラマ特区「ピーナッツバターサンドウィッチ」
<放送情報>
MBS 4月2日より毎週木曜24:59~
テレビ神奈川 4月2日より毎週木曜23:00~
チバテレ 4月3日より毎週金曜24:00~
テレ玉 4月8日より毎週水曜24:00~
とちテレ 4月9日より毎週木曜22:25~
群馬テレビ 4月9日より毎週木曜23:30~ ほか

<無料見逃し配信>
TVer、MBS動画イズム、GYAO!ほかにて無料見逃し配信
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top