セレーナ・ゴメス、監督からのラブコールで出演『デッド・ドント・ダイ』登場シーン解禁

まさかのゾンビ・コメディ『デッド・ドント・ダイ』で初めてジャームッシュ・ファミリーの仲間入りを果たしたセレーナ・ゴメスが登場する本編映像が到着。

映画 洋画ニュース
『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 (C)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.
  • 『デッド・ドント・ダイ』 Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.
ジム・ジャームッシュ監督と4度目のタッグとなるビル・マーレイと、前作『パターソン』で主演を務めたアダム・ドライバーのW主演で贈る『デッド・ドント・ダイ』。今回、本作で初めてジャームッシュ・ファミリーの仲間入りを果たしたセレーナ・ゴメスの本編映像が到着した。

>>『デッド・ドント・ダイ』あらすじ&キャストはこちらから

世界的ポップスターで、女優・プロデューサーでもあるセレーナ・ゴメスが演じるのは、自動車旅行の途中でたまたま田舎町のセンターヴィルを訪れ、ゾンビ騒動に巻き込まれてしまった都会っ子のゾーイ。

『デッド・ドント・ダイ』 Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.
7歳で子役デビュー、ディズニー・チャンネルの「ウェイバリー通りのウィザードたち」で一躍人気者となり、モデルやシンガー、慈善活動家としても活躍するセレーナ。1億5200万人を超えるインスタグラムのフォロワーを持ち、アカウントを消去するまでは長らく「最もフォロワー数の多い女性」として君臨していた。体調不調による休業から見事に復帰すると、これまでのイメージを一転する本作への出演を果たした。

なんと意外にも(?)ジャームッシュ監督はセレーナファンで、ヒット曲「バッド・ライアー」を「間違いなく見事で、草分け的なポップミュージック」と絶賛! 彼の愛娘もセレーナのことを応援しているファンだそう。

『デッド・ドント・ダイ』 Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.
ジャームッシュ監督は、彼女が演じるキャラクターについて「偶然センターヴィルにたどり着く、若くてきれいな旅行者をイメージしていた」と明かす。彼は今回、劇中に多様な世代の人を出したいと思っていたとかで、セレーナと旅行仲間は、彼女たちと同年代のグループを代表し、怖いもの知らずの自由を象徴する役割を担っているという。


解禁された本編映像は、ちょうど彼女たちが町に到着したばかりの1シーン。雑貨店を営むホラーオタクの青年ボビー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の店へ、ガソリンの補給と買い出しに訪れた場面が切り取られている。

そんな中で最も注目なのが、セレーナ演じるゾーイが何気なく手に取るあるCD。実は本作、映画の全編に流れるテーマソングは、ジャームッシュから直々に依頼を受けたグラミー賞アーティスト、スタージル・シンプソンが書き下ろした曲。映像内ではゾーイがこの曲について「大好きよ」と絶賛。映画と同タイトルの「デッド・ドント・ダイ」という曲で、劇中の世界ではCDが12ドルで売られている。

『デッド・ドント・ダイ』 Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.
観る者の耳を不思議と癒やし、開いた口がふさがらないほど想像を超えたエンディングへと誘うカントリーナンバーとなっているこの曲。このうえなくチャーミングなジャームッシュ流アポカリプスに軽やかな無常観を吹き込んでいるのだが、米国では本編に登場するのと全く同じジャケットでCDが発売されており、手に取ればゾンビ映画の世界へ足を踏み入れた気分になれる、かも!?

『デッド・ドント・ダイ』は4月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top